ロジクール 『Wireless Solar Keyboard K760 (K760E)』 レビュー ~使用感~

Logicool_K760E_24.jpg


12月に発売されたロジクールのBluetoothキーボード「Wireless Solar Keyboard K760 (K760E)」。
ソーラーパネル搭載で電池不要、Bluetooth機器を最大3台登録可能、かつワンタッチで切替ができる
Mac/iPad/iPhone向けのモデル。ある程度使ってみたので、ここでは自分なりの感想でも。

ロジクール 『Wireless Solar Keyboard K760 (K760E)』 レビュー ~外観~
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2659.html





Logicool_K760E_25.jpg


まずは特徴の一つであるBluetoothキーの登録・切替がどんなのものか。PCはWindowsしかないので
Macで試す事はできませんが、iPad・iPhone・Galaxy NexusのBluetooth機器3台でやってみます。
iPhoneの画面に関しては触れないで(´;ω;`)






Logicool_K760E_26.jpg



Logicool_K760E_27.jpg



Logicool_K760E_28.jpg


どの機器も拍子抜けするくらいペアリングは簡単。登録したいキーを押して検索→登録で完了。
切替は機器のBluetoothをオンにして、登録したキーを押せば接続完了。何も語る事がないくらい
とにかく簡単、ワンタッチです。






Logicool_K760E_29.jpg



Logicool_K760E_30.jpg


続いてタイピング。キーピッチ:19.5mmなので窮屈さはまったく感じず、パンタグラフとして見れば
非常に打ちやすい。iPadではモバイル向けのキーボードを常時使っていたので、余計にそう感じる。
キーのレイアウトは純正品(Apple Wireless Keyboard)とほぼ一緒ですし、共通点は結構多いので
使い慣れている人もスンナリ移行できそうな印象。






Logicool_K760E_31.jpg


同社のiPad用キーボードカバー「Ultrathin Keyboard Cover TK710」との比較。タイプ違いを比べるのは
フェアじゃないとはいえ、K760はどの部分も通常サイズと言えるので使いやすさが当然違いますね。






Logicool_K760E_32b.jpg


一緒に並んでいるのはWindows向けのタッチパッドですが、これと同型になるMac向けのモデル
Rechargeable Trackpad T651」が発表済み。日本でも発売されるようなら、この組み合わせで
揃えるのもいいんじゃないかと。






Logicool_K760E_33b.jpg


Apple Wireless Keyboardとの比較も考えていたのですが、(中古orジャンクの)入手に失敗したので
それはまた次の機会に。率直な感想は、iPhoneもiPadも持っているMacユーザーには画期的と思える
キーボード。純正に備わっていないマルチペアリング=Bluetoothキーの機能は、やはり大きな魅力に
なりそうです。電池不要という点はしばらく使ってからでないと、その良さが実感できないかもしれない。
いずれにせよMacを持ってない自分には正直、宝の持ち腐れ感がありますね・・・・。

この「Wireless Solar Keyboard K760」の価格は現在7,000円前後。Apple Wireless Keyboardの定価と
大差ないですし、機能はこちらの方が色々とあり。Apple純正じゃないとダメっていうような事でなければ
Mac用のキーボードの新調する場合、第一候補として考えてもいいと思います。




LOGICOOLワイヤレス ソーラーキーボード k760
ロジクール(2012-12-21)
売り上げランキング: 4821