2012年12月に発売されたマウス・キーボードを見てみる

Mouse-Keyboard1212_01.jpg


月単位で見ても各社から様々な機種が出ているマウスとキーボード。発売されたもの全ては無理ですが
個人的に気になった新製品をちょっとピックアップしてみます。この12月はゲーミングデバイスが中心。
そのなかには主力級と言えるモデルの後継機もいくつか出ています。

2012年11月に発売されたマウス・キーボードを見てみる
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2619.html





Razer_Ouroboros_21.jpg


12/21に発売されたRazerの「Razer Ouroboros」。
無線/有線両対応、サイドパネルの交換やパームレストの調整が可能なゲーミングマウス。
現在使用していますが難点がないわけでもないので、手放しに褒める事はちょっとできない。
でもワイヤレスゲーミングマウスとしては悪くないですし、個人的には今のところ気に入ってます。

Razer 『Razer Ouroboros』 レビュー ~外観~
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2661.html









Deathadder_2013_00.jpg
(via facebook)

12/21に発売されたRazerの「DeathAdder 2013」。
Razerの定番モデル・DeathAdderのリニューアル版。最新となる4G光学センサーを採用していますが
他にも筐体の表面加工や内部のパーツなど変更点は色々あり。いい感じに仕上がっている後継機です。

【マウス】Razer 『DeathAdder 2013』 画像など
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2608.html









Mouse-Keyboard1212_02.jpg
(via facebook)

12/14に発売されたDHARMAPOINTの「DRTCM37 / DRTCM38」。
現役で使用しているユーザーが数多くいながらも廃盤となった定番モデル「IntelliMouse Explorer 3.0」を
完全に意識して作られたゲーミングマウス。マイクロソフトが新しく作る気も再販する気もなさそうなので
後継機の第一候補となりそうな存在。DRTCM37が光学式、DRTCM38がレーザーセンサー採用ですが
光学式を支持しているゲーマーがやはり多いのか、前者の方が人気になっているようですね。

ダーマ・タクティカルマウス オプティカル【DRTCM37】 | DHARMA POINT
http://www.dharmapoint.com/products/DRTCM37




Dharma Tactical Mouseブラック DRTCM37BK
クラスト(2012-12-14)
売り上げランキング: 785





Mouse-Keyboard1212_03.jpg
(via twitpic)

12/14に発売されたDHARMAPOINTの「DRTCKB109UP1」。
メンブレン方式・Nキーロールオーバー対応のゲーミングキーボード。同タイプのエントリーモデルは
バッファローの「BSKBC02BKF」という強力な低価格機種が存在しますが、倍以上ある価格差に
見合った出来になっているのか、ある意味注目どころ。

ダーマタクティカルキーボード 【DRTCKB109UP1】 | DHARMA POINT
http://www.dharmapoint.com/products/DRTCKB109UP1




Dharma Tactical keyboard DRTCKB109UP1
クラスト(2012-12-14)
売り上げランキング: 2680





Mouse-Keyboard1212_04.jpg
(via XFastest)

12月中旬に発売されたSharkoonの「Drakonia」。
龍の鱗のようなデザインが奇抜すぎるゲーミングマウス。見た目がどうしても一番のポイントになりそうですが
ホイールが4方向式、右サイドにもボタン搭載、オンボードメモリ内蔵、ウエイト調整可能、と結構多機能です。

Drakonia | SHARKOON Technologies GmbH
http://www.sharkoon.com/?q=ja/content/drakonia




Sharkoon Drakonia Gaming Mouse SGM-DR
Sharkoon(2012-12-14)
売り上げランキング: 27515





Mouse-Keyboard1212_05.jpg
(via PIXNET)

12月中旬に発売されたSharkoonの「DarkGlider」。
こちらは上記のモデルとは違って質実剛健とも言えるゲーミングマウス。ボタン数は1つ少ないですが
同じく多機能で、DPIの数値を表示するディスプレイやセラミック製のマウスホイールなどが特徴的。

DarkGlider | SHARKOON Technologies GmbH
http://www.sharkoon.com/?q=ja/content/darkglider




Sharkoon DarkGlider Gaming Mouse SGM-DG
Sharkoon(2012-12-14)
売り上げランキング:





Sharkoon_Tactix_01.jpg
(via gamer.com.tw)

12月中旬に発売されたSharkoonの「Sharkoon Tactix」。
1,500円前後で売られている低価格機種には珍しい、全キープログラム可能なゲーミングキーボード。
日本向けモデルのレイアウトは、かな文字ありの日本語配列になっています。

全キープログラム可能な低価格ゲーミングキーボード『Sharkoon Tactix』
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2657.html




Sharkoon Tactix Gaming Keyboard SGK-TAC
Sharkoon(2012-12-14)
売り上げランキング: 12659





Mouse-Keyboard1212_06.jpg
(via 1fotech)

12/7に発売されたCM Storm(Cooler Master)の「Quick Fire Pro」。
Cherry社製のキースイッチ(赤軸・黒軸)を採用したゲーミング・メカニカルキーボード。画像のように
一部のキーがLEDで発光。これも日本向けモデルのレイアウトは、かな文字ありの日本語配列。
ちなみにテンキーレスの「Quick Fire Rapid」はかな文字なし。たまに思うのですが10,000円を超える
ゲーミングキーボードを買う層で、かな文字を必要としている人はどれくらいいるんでしょうかね?

Quick Fire Proシリーズ - Cooler Master
http://www.coolermaster.co.jp/product.php?product_id=6767




クーラーマスター SGK-4010-GKCR1-JP [Quick Fire Pro 赤軸]USB接続での全キー同時認識に対応するゲーマー向けフルサイズキーボード(CHERRY MX 赤軸)
クーラーマスター
売り上げランキング:





Mouse-Keyboard1212_07.jpg
(via ingame)

12月中旬に発売されたSteelSeriesの「SteelSeries Sensei MLG Edition」。
マウス自体は「SteelSeries Sensei」がベース。変更点はパームレスト部にあったメーカーロゴが
MLG=Major League Gamingのものになり、カラーは微妙に黒さが増している模様。

SteelSeries Japan - SteelSeries Sensei: MLG Edition
http://steelseries.com/jp/products/mice/steelseries-sensei-mlg-edition




SteelSeries Sensei MLG Edition

売り上げランキング: 7005





Mouse-Keyboard1212_08.jpg


12月中旬に発売されたエレコムの「TK-FDP055BK」。
Windows 8対応のタッチパッドを搭載したワイヤレスキーボード。タッチパッドは切替でテンキーにもなる仕様。
キーボードとタッチパッドが分離できれば面白かったのですが、さすがにそこまで凝った作りではないようです。

タッチパッド付きワイヤレスキーボード - TK-FDP055シリーズ
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fdp055/




エレコム タッチパッド付きワイヤレスキーボード/日本語84キー(ブラック) TK-FDP055BK
エレコム(2012-12-05)
売り上げランキング: 6169





Logicool_K760E_23.jpg


12/21に発売されたロジクールの「Wireless Solar Keyboard k760 (K760E)」。
ソーラーパネルを搭載した電池不要のBluetoothキーボード。またBluetooth機器を3台登録可能で
その切替はワンタッチできる仕様。Mac/iPad/iPhone向けのモデルなので、それらを全て揃えている
Appleファンの人は特に活用できると思います。

ロジクール 『Wireless Solar Keyboard K760 (K760E)』 レビュー ~外観~
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2659.html




LOGICOOLワイヤレス ソーラーキーボード k760
ロジクール(2012-12-21)
売り上げランキング: 9572





TECK209_25.jpg


12/19にダイヤテックから発売された「Truly Ergonomic 209 (TECK209)」。
左右対称で独特なキーレイアウトになっているエルゴノミクスキーボード。現在これを試していますが
これまで通常のキーボードしか使った事がなかったので正直難しい。慣れてしまえば面白くなりそう。
でもその慣れるまでが結構時間かかりそうですね。

ダイヤテック 『Truly Ergonomic 209』 レビュー ~外観~
http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2674.html