Razer 『Razer Ouroboros』 レビュー ~外観~

Razer_Ouroboros_21.jpg


12/21発売予定となっているRazerのゲーミングマウス「Razer Ouroboros」。
無線/有線両対応、2種類のサイドパネル、パームレスト部の角度・位置調整などカスタマイズ性を備えた
ハイエンドモデル。Razer製品を取り扱うMSYさんからレビューする機会をいただいたので、ここでは外観を
中心に触れていきます。

Razer Ouroboros | Razer | For Gamers. By Gamers.
http://www.razerzone.com/ouroboros





Razer_Ouroboros_22.jpg



Razer_Ouroboros_23.jpg



Razer_Ouroboros_24.jpg


まずは開封して中身を確認。
マウス本体・充電ドック・サイドパネル・充電池(単3電池)・ケーブル・ガイド類・ステッカー、といった内容物。
パッケージは箱ではなく、ディスプレイ用としても使えそうなクリアケースです。






Razer_Ouroboros_25.jpg


Ouroborosは光学とレーザーセンサーを組み合わせた”4G Dual Sensor System”搭載のモデル。
解像度:8200dpi、速度:200IPS、加速度:50G、レポートレート:1000Hz、バッテリー:単3電池1本
駆動時間:12時間、サイズ:幅71x奥行き122~137x42mm、重量:135g(電池含む)、という仕様。

左右対称のデザインで、ボディ表面は一部を除いてザラザラした梨地加工のタイプ。ボタン数は11。
パッと見だと9ボタンですが、サイドパネル前方が押し込めるようになっており、そこがボタンの役目に。
サイドパネルはウイング形状と通常形状の2種類。着脱はマグネット式。装備状態を順に見ていきます。






Razer_Ouroboros_26.jpg



Razer_Ouroboros_27.jpg



Razer_Ouroboros_28.jpg



Razer_Ouroboros_29.jpg



Razer_Ouroboros_30.jpg



Razer_Ouroboros_31.jpg



Razer_Ouroboros_32.jpg



Razer_Ouroboros_33.jpg



Razer_Ouroboros_34.jpg


ウイング形状のサイドパネルは横にはみ出ていますが、親指のポジションが安定、かつ良い置き場になる感じ。
裏面には大きくマウスソールが貼られてあります。






Razer_Ouroboros_35.jpg



Razer_Ouroboros_36.jpg



Razer_Ouroboros_37.jpg



Razer_Ouroboros_38.jpg



Razer_Ouroboros_39.jpg


通常形状のサイドパネルは逆にはみ出ておらず、一帯にはグリップの効いたラバーシートを装備。
かなり小さいですが、こちらにも裏面にマウスソールがあります。






Razer_Ouroboros_40.jpg


ホイールとその下の2ボタンはご覧のとおりの形状。






Razer_Ouroboros_41.jpg


サイドボタンは細長い形状で前後並列、後ろのボタンが微妙に長い。前のボタンの下あたりが
押し込めるようになっており、そこがサイドパネル部のボタン=サイドトリガーです。






Razer_Ouroboros_42.jpg


裏面の後方にはパームレスト部の角度調整を行うホイールがあり。その両端のリアパネルボタンを押すと
パームレスト部を含めたリアパネルがスライドする仕組みになっています。






Razer_Ouroboros_43.jpg



Razer_Ouroboros_44.jpg


パームレストの角度調整は画像のように、お尻の部分が結構下がって丸みのある傾斜になります。






Razer_Ouroboros_45.jpg


スライドによるパームレストの位置調整は5段階、最大15mmほど縦に伸びる仕組み。
その最大まで伸ばすと、だいぶ細長くなる印象。






Razer_Ouroboros_46.jpg



Razer_Ouroboros_47.jpg


リアパネルは引っ張ると外れて、隠れていた部分にバッテリー挿入するユニットがあります。






Razer_Ouroboros_48.jpg


裏面には2つのセンサーやドック接触部の他に、サイドトリガーのボタンをロック(無効)にするスイッチもあり。






Razer_Ouroboros_49.jpg


Razer_Ouroboros_50.jpg



Razer_Ouroboros_51.jpg


網巻き仕上げのケーブルは無線/有線どちらの場合にも必要。有線時はマウスに挿すだけでOK。
無線時は充電ドックがレシーバーの役目にもなるので、レシーバーに挿します。






Razer_Ouroboros_52.jpg


充電はドックにちょこんと置くだけ。充電が開始されるとマウスのLEDがゆっくり点滅しながら光ります。






Razer_Ouroboros_53.jpg



Razer_Ouroboros_54.jpg



Razer_Ouroboros_55.jpg


まだ届いたばかりなので、とりあえず今回はここまで。続きはそれなりに使ってからまたレポートします。
多彩なギミック=イロモノ扱いされそうなところですが、思っていた以上に実用性も兼ね備えていると
感じた第一印象。各部調整・パネル交換のカスタマイズ性は、大きめのマウスを好む人には魅力的な
ポイントになりそう。自分がそれに該当するので、今後これをメイン機として使っていくかもしれません。

<続き>
Razer 『Razer Ouroboros』 レビュー ~使用感~

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2747.html