ワイヤレス静音マウス 『ユニーク M314GB』 レビュー

M314GB_01.jpg


8月ごろに発売されたユニークのワイヤレスマウス「M314GB」。
クリックが静かなものになっている、いわゆる静音マウス。これは小型サイズ・モバイル向けのモデル。
そのユニークさんからレビューする機会をいただいたので、特徴や使用感など色々触れてみます。

UNIQ CORPORATION|M314Gワイヤレスサイレントマウス
http://www.uniqstyle.co.jp/product/M314/index.html





M314GB_02.jpg


まずは中身を確認。マウス本体・USBレシーバー・単4電池2本・マニュアル、という内容物。
保証書はパッケージ裏に貼ってあり、保証期間は6ヶ月となっています。






M314GB_03.jpg



M314GB_04.jpg



M314GB_05.jpg



M314GB_06.jpg



M314GB_07.jpg



M314GB_08.jpg


左右クリック・ホイール・DPI切替ボタンが備わった4ボタンの光学式マウス。表面は光沢のあるピアノブラック。
サイド~裏面はマットな材質。解像度は1000/1200/1600dpi。バッテリーは単4電池2本、電池寿命は約6ヶ月。
サイズは幅58.5x奥行き89.5x高さ36mm、重量は70~75g(電池含む)。カラーは他にレッド(M314GR)があり。
静音仕様のクリック以外は特筆する点もない、至ってシンプルなマウスです。






M314GB_09.jpg


表面は光沢ボディなので指紋がつきやすく多少なり目立ちますが、使用中に汗ばんで手が滑るという事はなく。






M314GB_10.jpg


バッテリーの単4電池2本は、裏面のカバーを外して装着。電池1本で動くか試してみましたが無理でした。






M314GB_11.jpg


レシーバーはマウスのお尻の部分に収納可能。






M314GB_12.jpg


ナノサイズを謳っていますが収納を意識した形状になっているのもあって、他社のレシーバーより微妙に大きめ。






M314GB_13.jpg


電池込み・レシーバー抜きで量ってみると、重量は75g。スペックどおりの数字です。






M314GB_14.jpg



M314GB_15.jpg



M314GB_16.jpg


サイズ的にどうしても”つまみ持ち”のスタイルになりますが、シンプルなマウスなので押しづらいという事もなく
特にストレスは感じない使用感。ポインターの動きに違和感を感じるような事も今のところありません。






M314GB_17.jpg


で、肝心の静音という点ですが、パッケージに書いてある「クリック感はあるのにクリック音は静か」のとおり。
無音ではなく耳を近づけるとカタッと少し音はするものの、十二分に静か。通常のマウスのような部屋に響く
クリック音はしません。ホイールスクロール(乱雑に回転させなければ)・ホイールクリックも同様に静か。

DPI切替ボタンだけは違ってカチカチっと鳴るクリック、正直うるさい。加えてがっしりと固定されておらず
マウスを横に振るとボタンも揺れてガタガタ鳴ります(個体差?)。使う機会はあまりないボタンなので
何か貼ったり隙間に埋めたりで応急的な対策は一応可能。短所と言える点はここくらいでしょうか。






M314GB_18.jpg


ちなみにこれ、静・SEIシリーズの「JNL-202J/DG」(AA)と同型のモデル。パッと見で違うところは筐体の材質と
DPI切替ボタンがBACK(戻る)ボタンになっている、この2点。両機を揃えて実際に比べたわけではありませんが
静音具合も多分一緒。場所によっては価格差が倍近くあるので、お手ごろと言えるのは「M314GB」の方ですね。






M314GB_19.jpg



M314GB_20.jpg


前述のとおり静音クリック以外は何の変哲もないワイヤレスマウスですが、様々な場所でノートPCを使う機会が
多い人はサブ機として持っておくと役に立つ時があるかも。普段から静音にこだわっている人はDPI切替ボタンが
やはりカギとなりそうです。自分はそこまで気にならないので、合格点が出せる出来にはなっているかなと。
ワイヤレス静音マウスの中では思ったよりも安い価格設定、そこも魅力の一つになりそうなこの「M314GB」。
現在1,000円台半ばの価格で販売されています。