ロジクール 『G600 MMO Gaming Mouse』 レビュー ~外観~

Logicool_G600_01.jpg


7/20にリリース予定と発表があったロジクールのゲーミングマウス「G600 MMO Gaming Mouse」。
12個のサイドボタン・Gシフトボタン(薬指クリック)が大きな特徴となっている、合計20ボタンのモデル。
発売前ですがロジクール広報事務局さんからレビューする機会をいただいたので、ここではとりあえず
外観を主に触れてみます。

Logicool G600 MMO Gaming Mouse
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/gaming/mice-keyboard-combos/g600-mmo-gaming-mouse





Logicool_G600_02.jpg


まずはパッケージの中身を確認。マウス本体・説明書・保証書・保証規定のシンプルな内容物。
保証期間は3年間。使用するソフトウェアは公式サイトからダウンロードするようになっています。






Logicool_G600_03.jpg



Logicool_G600_04.jpg



Logicool_G600_05.jpg



Logicool_G600_06.jpg



Logicool_G600_07.jpg



Logicool_G600_08.jpg



Logicool_G600_09.jpg



Logicool_G600_10.jpg



Logicool_G600_11.jpg



Logicool_G600_12.jpg



Logicool_G600_13.jpg



Logicool_G600_14.jpg


不可視レーザーセンサー採用のゲーミングマウス。解像度:200-8200dpi、最大加速:30G、最大速度:160ips
レポートレート:125/250/500/1000Hz、ケーブル長:2m、サイズ:幅75x奥行き118x高さ41mm、重量:139g
という仕様。左右クリック・サイドボタン・Gシフトボタン・チルトホイール・ホイール下2ボタン、合計ボタンは計20個。
Logicool Gaming Softwareを使用する事で全てのボタンがカスタマイズ可能。オンボードメモリが内蔵されており
最大3つのプロファイルをマウスに記録可能(内容は後述)。海外発表ではブラック・ホワイトの2カラーでしたが
日本ではブラックのみ発売となっています。直販価格(定価)は7,980円。






Logicool_G600_15.jpg


続いて各部分をチェック。表面はマットなボディで、サラサラ・しっとりではなく少しザラザラした材質。
サイド・裏面の一部は光沢になっていますが、使用時に触れる事はない場所です。






Logicool_G600_16.jpg


小指が当たる右サイドはラバーグリップを採用。






Logicool_G600_17.jpg



Logicool_G600_18.jpg


サイド12ボタンは一つ一つに傾斜がかかっており、前後6ボタンが分かれる形で上下左右対称の形状。
またこの12ボタンのみLEDで光り、カラーは1600万色以上から選択可能。光るパターンは連続点灯・点滅
サイクルなど色々あり。これらのカスタマイズもソフトウェアで行います。






Logicool_G600_19.jpg


サイド12ボタンと同様に大きな特徴となっているGシフトボタン。これは薬指クリックと言っていいようなもの。
クリック感は左右クリックと同じ感覚。割り当ても当然できますし、他のマウスにはない革新的な機能です。






Logicool_G600_20.jpg


ホイールのスクロールはヌルヌルではなくカタカタっと回る仕様。チルトホイールは硬くも柔らかくもない
ちょうど良い押し心地。ホイール下のG7・G8ボタンは段差があります。デフォルトの状態ではG8ボタンに
モードスイッチ(プロファイル切替)が割り当てられていますが、デフォルトで割り当てられているボタンの
内容は以下の画像(説明書)のとおり。






Logicool_G600_21.jpg



Logicool_G600_22.jpg



Logicool_G600_23.jpg


内蔵モードやGシフトといった機能も画像を参考に。ここでついでにオンボードメモリの割り当てについてですが
ソフトウェアで設定可能な項目は”マウス機能”と”キーストローク(キーボード各キー・ショートカット)”の2つ。
(参考画像:/)。あと左右クリックは左右の切替しかできません。






Logicool_G600_24.jpg


ケーブルは布巻き仕様で比較的太め。ケーブルを束ねるマジックテープ式のケーブルマネジメントを装備。
シリアルナンバーなどが明記されたタグもここに付いています。






Logicool_G600_25.jpg



Logicool_G600_26.jpg


マウスの重量は公式で139gとなっていましたが、実際に量ってみるとケーブル込みで約168g。
ケーブル抜きで約132gという結果に。この数字だけで見ると正直重い。人によっては欠点となるかも。






Logicool_G600_27.jpg


さて外観を一通り触れてみましたが、届いたばかりの状況なのでマウス・ソフトウェアの使用感については
ある程度使ってみてからまた次の機会に。比較対象となるのは言うまでもなくMMO向けゲーミングマウスの
先駆者「Razer Naga」。両機合わせての感想も後ほど。第一印象はG600の方が人を選ばないような形状で
全長(奥行き)は微差でも横幅があるせいか、握ってみるとNagaよりやや大きめに感じます。

<続き>
ロジクール 『G600 MMO Gaming Mouse』 レビュー ~使用感~

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-2288.html




LOGICOOL MMOゲーミングマウス G600
ロジクール(2012-07-20)
売り上げランキング: 1260