【タブレット】Ployer 『MOMO9 加強版 II』 画像など

MOMO9_Kakyoban2_01.jpg
(via ereadcn.com)

10,000円を切る低価格と実用性の高さが人気の7インチAndoroidタブレット「MOMO9 加強版」。
中華パッド/中華タブレットと呼ばれる格安タブレットの一つですが、ここ最近になって後継モデルかと
思わせるような「MOMO9 加強版 II」が日本でも出回っている模様。ちょっと見てみます。

Ployer MOMO9 加強版 II
http://www.ployer.cn/prshow.asp?id=122





MOMO9_Kakyoban2_02.jpg



MOMO9_Kakyoban2_03.jpg



MOMO9_Kakyoban2_04.jpg



MOMO9_Kakyoban2_05.jpg



MOMO9_Kakyoban2_06.jpg



MOMO9_Kakyoban2_07.jpg



MOMO9_Kakyoban2_08.jpg



MOMO9_Kakyoban2_09.jpg



MOMO9_Kakyoban2_10.jpg



MOMO9_Kakyoban2_11.jpg



MOMO9_Kakyoban2_12.jpg



MOMO9_Kakyoban2_13.jpg



MOMO9_Kakyoban2_14.jpg



MOMO9_Kakyoban2_15.jpg


液晶:7インチ(静電式タッチパネル)、解像度:800x480、CPU:Allwinner A13 1.0GHz、GPU:Mail-400
OS:Android 4.0、メモリ:512MB、ストレージ:8GB、Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n、バッテリー:4200mAh
MiniUSB/MicroSDスロット/Gセンサー/マイク/イヤフォンジャック/スピーカー搭載、重量:約380g。

初代加強版との大きな違いは、CPUがAllwinner A10→Allwinner A13に変更。省電力性を謳っている反面
HDMI出力端子が省かれ、動画再生のサポートは2160p→1080pになっている、言わば廉価版のCPU。
バッテリーは増加されている模様(3200mAh→4200mAh)。海外ではコストダウンが価格に反映されていると
評価されていましたが、日本での両機の価格差は現在数百円。この状況で加強版IIを選ぶメリットはちょっと
薄いかもしれません。またカスタムROMに互換性がない事もあるとこのこと。あれこれいじり倒そうと考えてる
人はその点も注意が必要のようです。