プレゼンターモードを備えた箱型マウス『Logitech Cube』

LogitechCube_01.jpg
(via The Verge)

海外で発表されたLogitech(ロジクール)のワイヤレスマウス「Cube」。
その名のとおりキューブ型で手のひらにおさまる小型サイズですが、マウスだけでなく
プレゼンターとしても使えるようになっています。

Logitech Cube – Logitech.com
http://www.logitech.com/en-us/mice-pointers/mice/devices/9472




bana001.jpg



LogitechCube_02.jpg



LogitechCube_03.jpg



LogitechCube_04.jpg



LogitechCube_05.jpg



LogitechCube_06.jpg
(via Pocket-lint)


LogitechCube_07.jpg



LogitechCube_08.jpg
(via DVICE)





bana006.jpg





CES 2012でのレポート動画。
クリックは通常のマウスだと左右に分かれていますが、これは上下(左→上・右→下)の構造。
スクロールはタッチパネル部をスワイプするタッチ式。この機能は専用ソフトウェアの導入が必要。
マウスを持ち上げる事でプレゼンターモードに切り替わり、普通にクリック&裏返してクリックする事で
次へ・前へとページ送りが可能。リチウムポリマーバッテリー(250mA)内蔵で、充電はUSB接続。
付属のレシーバーはUnifying対応。カラーはブラック・ホワイトの2色となっています。

ユニークなマウスではありますが、マウスとしてもプレゼンターとしても最低限の機能しかないので
用途どおりプレゼン専用になりそうなデバイス。海外では1月中に発売予定、価格は69.99ドルです。


<関連記事>
【マウス】ロジクール 『Cube』 レビューチェック

http://watchmonoblog.blog71.fc2.com/blog-entry-1955.html