【自転車】電動アシスト化できるサイクルトレーラー『Ridekick』

Ridekick_01.jpg
(via MTBR)

海外で見かけたサイクルトレーラー「Ridekick」。
一見普通の小型トレーラーという感じですが、内部にはモーターが搭載されており
後ろから押す形で自転車を電動アシスト化できるようです。

Ridekick Electric Bicycle Trailer
http://www.ridekick.com/





bana001.jpg



Ridekick_02.jpg
(via Flickr)


Ridekick_03.jpg



Ridekick_04.jpg
(via Larry Varney's Blog)


Ridekick_05.jpg
(via Bicycle Times)


Ridekick_06.jpg
(via FCBikeRiders)


Ridekick_07.jpg



Ridekick_08.jpg



Ridekick_09.jpg






bana006.jpg





「Ridekick」を取り付けてひたすら平地を走っている動画。
スピードはトレーラー自体で約30km/hくらい出る模様。走行距離は約8~12マイル(12.8~19.3km)。
ハンドルに装着する専用コントローラーで操作。トレーラーからハンドルまでケーブルの取り付けも
必要になりますが、バーの部分あたりで着脱できるようです。トレーラーの容量は41.8リットル。

電動アシスト化できて荷物もある程度積めるという、なかなか面白そうなサイクルトレーラー。
ただ重量が約34kgもあるので、バッテリー切れには要注意といったところでしょうか。
海外の電動アシスト自転車は法律に引っかかるのか、日本で見かける事はほとんどありませんが
こういうものはどういう扱いになるのか正直よくわかりません。価格は699ドルとなっています。




  

- ヲチモノ -


ここは個人的に気になるモノを色々とチェックしてます。PC・ガジェット・デジモノ・家電・自転車・アニメ・ホビーなど、ジャンルはフリーダム。たまに買った物をレビューしてます。ブログはいつも試行錯誤中。御用の方はメールフォームかTwitterの方へお願いします。

webtreatsetc-blue-jelly-twitter-logo-square.pngwebtreatsetc-blue-jelly-rss-cube.png

WWW検索 ブログ内検索

- スポンサードリンク -

- アーカイブ -