USB 3.0対応のディスプレイアダプタ『SUNIX VGA2788』

VGA2788_01.jpg
(via facebook)

4月に発売されたSUNIXのディスプレイアダプタ「VGA2788 (USB 3.0 to HDMI)」。
ディスプレイアダプタは普通の液晶モニターをUSB接続で使えるようにできるものですが
これはおそらく世界初のUSB3.0対応のモデル。HDMI・DVI・D-sub用の3種類ありますが
唯一情報があったHDMIのモデルをちょっと見てみます。

株式会社アスク | SUNIX社製、USB 3.0対応 グラフィックスアダプタの3製品を発売
http://www.ask-corp.jp/news/2011/03/sunix-graphics-adapter.html




bana001.jpg



VGA2788_02.jpg



VGA2788_03.jpg
(via Engadget中国版)


VGA2788_04.jpg
(via VR-Zone)





bana006.jpg





SUNIX公式の実演動画。デュアルディスプレイの構成で動作を試している内容です。
解像度は640x480から最大2048x1152まで対応。HDMIはVer.1.2に対応。
USB2.0のアダプタに比べて表示性能の向上、CPU負荷の低減を実現しているとのこと。
表示モードは拡張モード、ミラーモード、マルチスクリーンモードの3パターンあります。

動画では色々なモードを試していますが、ミラーモードを見るに普通のモニターに比べて
遅延が若干ある様子。USB3.0とはいえ、これは仕方のないところでしょうか。
USB接続だとCPUの負荷が気になるというコメントを以前見かけた事がありましたけど
その点が改善されているのはいいですね。ちなみにこのアダプタはCOMPUTEX 2011の
開催前に行われたBest Choice Awardを受賞しています。

イメージ画像は真っ黒ですが、実機を写した写真だとグレーっぽいカラーになっています。
販売されているものはどうなのかちょっとわかりませんが、D-sub用の「VGA2718」(AA)に
DVI用の「VGA2728」(AA)、そしてこの「VGA2788」共に現在6,000円台で販売されています。




UEB 3.0 to HDMI
UEB 3.0 to HDMI
posted with あまなつ on 2011.06.21
SUNIX
売り上げランキング: