単体だと奇妙な使い方になるiPhone用のキーボード『WOW-Keys』

WOWKeys_01.jpg
(via Mashable)

CompuExpertから5月に発売されたiPhone用のキーボード「WOW-Keys」。
iPhoneを右側にドッキングさせて使う仕様で、日本でも色々なところに取り上げられていました。
結構前に見かけた時はASUSの「EeeKeyboard PC」を彷彿とさせるものに見えたのですが
ワイヤレスではなく有線のキーボードで、ちょっと想像とは違ったものになっていました。

WOW-Keys
http://www.compuexpert.com/wowkeys/index.html




bana001.jpg



WOWKeys_02.jpg



WOWKeys_03.jpg



WOWKeys_04.jpg



WOWKeys_05.jpg



WOWKeys_06.jpg



WOWKeys_07.jpg



WOWKeys_08.jpg



WOWKeys_09.jpg






bana006.jpg





横407×縦130×高さ25mmというサイズ。右端にiPhone/PCを切り替えるボタンがあり
iPhoneのモードではiPhoneの文字入力が可能になり、PCのモードは通常のドックとして機能。
再生/一時停止などの操作ができるホットキーが合計12個ほど備わっています。

日本の方のレビュー記事(pocketgames)がありましたが、アプリを使えばiPhone自体を
テンキー/タッチパッドとして使う事も一応できるようです。そしてをPCには接続せずに
iPhoneのキーボードとしても使用可能のようですが、USBケーブルに外部バッテリーをつなぐという
ちょっと奇妙なやり方に・・・・一部のホットキーが機能しなくなるようですが、普通に使えるとのこと。

上の動画はCompuExpert公式の動画ですが、PCでは使わずに外部バッテリーをつなげて
キーボード単体で使う内容。「バッテリーを使えばどんな場所でも使えますよ」という感じのPRですけど
さすがにこれにはコメントも賛否両論で、辛口な評価をしている人も結構いる様子。
ケーブルが煩わしいでしょうし、バッテリーをわざわざ用意してまで使いたいと思う人は少数じゃないかと。









ちなみにCompuExpert=米国企業の製品だと思っている人もなかにはいるようですが
実際はomnioという韓国メーカーの製品で、ハングル文字の入ったモデルは2011年のはじめごろに
発売されていたようです。レビューしている動画もYoutubeに割と多くありますね。

有線/ワイヤレスどちらでも使えるキーボードでしたら、評価が結構違ったのではと思いますけど
この「WOW-KEYS」の価格は定価で99.99ドル。Amazonに輸入品の製品ページはありましたけど
日本でも発売されるかは取り使うところ次第でしょうか。