ロジクール 『Cordless Rumblepad 2(GPW-600)』 を分解・軽量化する

GPW-600-1.jpg


以前の記事でこの「Cordless Rumblepad 2(GPW-600)」について、レビューしたりチェックしたりしましたが
調べてると、バイブレーション機能のモーター部分が取り除けるとのコメントがあり。
振動は不要と思ってる自分としては、軽量化できるという点が魅力に感じたので分解してみます。


Cordless Rumblepad 2
http://www.logicool.co.jp/index.cfm/gaming/controllers/devices/287&cl=jp,ja




Cordless Rumblepad-2


では早速。
どの部分がモーターなのか一目でわかりましたw
もうちょっと複雑な構造かと思ってたのですが、かなりシンプルな感じでした。
ちょっと拍子抜け。でも作業は簡単に済みそうです。





Cordless Rumblepad-3


ついてるコードをプチプチっと切断、ハイ終了w
作業時間は数分です。元に戻すとしてもハンダ付けすればいいだけ。





Cordless Rumblepad-4


というわけで軽量化完了。
このモーター部分が結構なウェイトを占めてるなと思うくらいの重さですね。
量るものがないので正確な重量はわかりませんけど、外して軽くなったのがよくわかります。

分解して手を加えたりしたら保証が効かない云々という声がありましたけど
そんな事はどうでもいい、壊れたらもうそれで終了!その点を考えてもやるメリットはありましたね。

このGPW-600、色はダークブルーですが「Amazon Special Model」という形で
\2,980と通常よりも安く売られてるようです。物自体は恐らく何の変わりもないと思いますが。
ワイヤードのパッドと数百円しか変わらない価格なので、ワイヤレスが欲しい人にはこれオススメですね。


<追記>
結構頻繁に使っていますが、明らかに電池の寿命が長くなりました。軽量よりこっちの方がメリットある感じです。




ロジクール GPW-600DB Amazon Special Model
ロジクール
売り上げランキング: 572
おすすめ度の平均: 4.5
4ワイヤレスの使い勝手
41ヶ月使用して
5色を気にしなければコッチ