【ヘッドホン】Sennheiser 『PXC360BT / PX360BT』 画像など

PXC360BT_01.jpg
(via Apple Gadgets)

2010年12月に発売されたSennheiser(ゼンハイザー)のBluetoothヘッドホン「PXC360BT / PX360BT」。
共に大型のドライバを搭載したオーバーヘッドの密閉型で、apt-XやSBCのコーデックに対応しているモデル。
ノイズキャンセルの機能もあるPXC360BTの写真をメインに、ちょっと見てみます。

ゼンハイザージャパン株式会社 | SENNHEISER 製品 PXC360BT
http://www.sennheiser.co.jp/system/xb/sen.user.ItemDetail/id/304.html





PXC360BT_02.jpg



PXC360BT_03.jpg



PXC360BT_04.jpg



PXC360BT_05.jpg



PXC360BT_06.jpg



PXC360BT_07.jpg



PXC360BT_08.jpg



PXC360BT_09.jpg



PXC360BT_10.jpg



PXC360BT_11.jpg



PXC360BT_14.jpg
(via Planet sans fil.)


PXC360BT_12.jpg
(via Minhembio.com)


PXC360BT_13.jpg



PXC360BT_15.jpg
(via Phile-web)


PXC360BT_16.jpg


Bluetooth 2.1+EDR、対応プロファイルはA2DP/AVRCP。
周波数特性:15~22,000Hz、インピーダンス:590Ω/100Ω(アクティブ/パッシブ)、音圧:105dBという仕様。
対応機器か専用アダプタが必要になりますが、高音質・低遅延が期待できるapt-Xコーディック対応。
SRSサラウンドにも対応しています。PXC360BTとPX360BTの違いは、ノイズキャンセル機能「NoiseGard2.0」の
有無くらいのようです。連続使用時間はBluetooth接続で約10時間。有線でも仕様可能とのこと。

写真だと見た目は同じくゼンハイザーの「MM 550 TRAVEL」と、ほとんど一緒に見えますが
こちらはHSP/HFP未対応、通話はできません。PX360BTのレビュー記事(mocchiee's note)がありましたが
音質に不満はなく、Bluetoothでこのレベルなら素晴らしいという評価。ノイズキャンセルのあるPXC360BTは
現在39,000円前後、PX360BTは現在25,000円前後と、2モデルで価格差は結構あるようです。




Sennheiser Bluetooth ノイズガードヘッドフォン PXC 360 BT PXC360BT
ゼンハイザー(2011-01-07)
売り上げランキング: 14996



Sennheiser Bluetooth ヘッドフォン PX 360 BT PX360BT
ゼンハイザー(2011-01-07)
売り上げランキング: 25640