【マウス】下位モデルでも十分カッコイイ『Cyborg R.A.T 3 Gaming Mouse』

CyborgRAT3_01.jpg
(via LiveJournal)

2010年に発売されたMad Catz(Saitek)のゲーミングマウス「Cyborg R.A.T」シリーズ。
上位モデルでワイヤードの「Cyborg R.A.T. 7」や、ワイヤレスの「Cyborg R.A.T. 9」は
マウスとは思えない重装備な外観で、数多くのパーツ交換や部分調整もできる斬新なものでした。
このシリーズは4種類ほどあり、下位モデルの「Cyborg R.A.T 3」は上位モデルと比べて
見劣りはしますけど、それでも十分カッコイイと言えるマウス。ちょっと見てみます。

Cyborg R.A.T 3 Gaming Mouse
http://cyborggaming.com/prod/rat3.htm





CyborgRAT3_02.jpg
(via pcpop.com)


CyborgRAT3_03.jpg



CyborgRAT3_04.jpg



CyborgRAT3_05.jpg



CyborgRAT3_06.jpg



CyborgRAT3_07.jpg



CyborgRAT3_08.jpg



CyborgRAT3_09.jpg



CyborgRAT3_10.jpg



CyborgRAT3_11.jpg



CyborgRAT3_12.jpg
(via Tbreak)

Cyborg R.A.T 3はパーツ交換も部分調整もできず、マウスの性能自体も上位モデルに比べて劣っています。
さすがに上位モデルのようなインパクトはないですけど、これはこれでカッコイイですね。このシリーズは
日本だと取り扱っているところが少なく、結構高い値段。(追記)2011年10月に日本正規品が発売。
価格は4,980円となっています。