PreSonus 『Eris E4.5』 レビューチェック ~リスニングでも通用するアクティブモニタースピーカー~

PreSonus_Eris_E45_01.jpg


2014年11月に発売されたPreSonusのスピーカー「Eris E4.5」。
Eris E3.5」より一つ大きいサイズになっているEris Eシリーズのアクティブモニタースピーカー。発売から5年以上も経っているモデルですが、海外では今でも良き選択肢として評価され続けている模様。ちょっとチェックしてみます。

PreSonus | Eris Eシリーズ powered by MI7
https://www.mi7.co.jp/products/presonus/eris/



画像


PreSonus_Eris_E45_02.jpg



PreSonus_Eris_E45_03.jpg



PreSonus_Eris_E45_04.jpg



PreSonus_Eris_E45_05.jpg



PreSonus_Eris_E45_06.jpg



PreSonus_Eris_E45_07.jpg



PreSonus_Eris_E45_08.jpg


各所の反応


[#1]
PreSonusのEris E4.5をポチってしまった
音響関係の仕事してて、低価格小型モニタースピーカーは
FOSTEXのPM0.4入れるのが自分の中で定番だったけど
わりと評判いいらしいので到着するの結構ワクワクしてる



[#2]
Eris E4.5をコーン間700㎜、後壁面400㎜で仮り組みしてみた
CDレコーダーを直に繋いで鳴らし始めてまだ数時間なんで馴らしが全然終わってないけど
なるほど結構頑張ってる印象

明らかに下は出てない、というかたぶんそこはあきらめてあえて出してないね
逆に美味しい1.5KHzあたりは一所懸命抑えてる感じで馴らし中なのにギラつかない
この小さな筐体でいかにまんべんなくフラットに上から下まで出すかに絞った設計思想なのかな?
仕様書見ると2コーンのクロスオーバー周波数帯域が2.8KHzっていうちょっと笑っちゃう凄い数字も
そこから来てるのかも?

ミクスチャー系のベースD開放弦もくっきり聞こえるから
80Hzちょい下あたりまではすっきり余裕もって鳴らしてて
クラブ系の50Hzあたりバリバリの人以外だったら万人に受ける製品と思える
この分だとミックス目的ならHS7より使いやすいのか?
そんな感じのゆるい仕上がりなのにアタックはくっきり
キックの立ち上がりも気持ちいいぐらいで
音量絞ればリスニング目的でも耳福で十分良さそう



[#3]
2万までならJBL 104かEris E4.5、どちらがおすすめでしょうか。
iLoudは家庭の事情で価格的に買えないので、2万未満のもの探しています。



[#4]
>>#3
Eris E4.5持ってるけど値段が安い割にいい音するよ
国内では目立ってないけど良機種
米尼では新しいJBL104より評価高くてベストセラーになってる



[#5]
自宅ミックス&チェック用に、A7XとiMac27インチスピーカーの間くらいの
フラットなモニターを探しているんですが、Eris E4.5とかで十分ですかね。



[#6]
>>#5
プレソナスはフラットだが
アダムはドンシャリだからフラットでは無い。
最近のKRKもフラットに近いかな。
マッキーは中音域が強めの音。



[#7]
PRESONUS Eris E4.5はホント悩んでる・・・
You Tubeのマッキーとの聴き比べ動画を見たんだが、プリソーナスの方が俺の好みだった
でも値段同じだしJBL 104-Y3挑戦してみようかと思ってる



[#8]
>>#7
米本国でも売れてて評価が高いのはErisのほうなんだよね
104のほうが新しいにもかかわらずだ





スピーカー:1インチツイーター+4.5インチウーファー、アンプ出力:25W、再生周波数帯域:70Hz - 20kHz、最大出力音圧レベル:100dB、入力端子:TRS/RCA/AUX、サイズ:幅163x高さ241x奥行き180mm、重量:5.9kg(ペア)、という仕様。超低質量シルクドーム高域トランスデューサー・Kevlar低域トランスデューサー搭載、低域再現力に優れたファイアリング型アコースティックポート、最適化されたレゾナンス抑制内部ブレーシング、諸問題に対する保護機能を搭載、4つの項目を調整できる音響コントロール、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。モニタースピーカーとしてはサイズ・価格の割に頑張っている出来でほぼ万人向けと言えるタイプ、ニアフィールドで音量を絞ればリスニング用でも十分に良い、音の傾向はフラット、日本ではこのシリーズ自体あまり話題になっていないが海外では比較的新しいJBL PROFESSIONALの「104-Y3」(AA)よりも評価が高い、といった内容。

Eris E3.5よりもウーファーが大きく調整機能も多いので、サイズと価格が不問なら一つ上のこちらを選ぶのが言うまでもなく良さそう。価格に関しては発売当時より高く取り扱っているところもありますが、音響機器の専門店を巡ると以前とそんなに変わらない価格で取り扱っていますから、一番安いところで買うならEris E3.5と同様にコストパフォーマンスの高さは期待できるのではないかと。「Eris E4.5」は現在20,000円前後の価格で販売されています。




PreSonus
売り上げランキング: 79