PreSonus 『Eris E3.5』 レビューチェック ~シリーズ最小のアクティブモニタースピーカー~

PreSonus_Eris_E35_01b.jpg


2018年2月に発売されたPreSonusのスピーカー「Eris E3.5」。
アクティブモニタースピーカーとして定評のあるEris Eシリーズで一番小さいモデル。シルクドームツイーター&Kevlarウーファー搭載やMF/HFコントロールなどはシリーズ共通のブックシェルフ型ですが、ちょっとチェックしてみます。

PreSonus | Eris Eシリーズ powered by MI7
https://www.mi7.co.jp/products/presonus/eris/



画像


PreSonus_Eris_E35_02.jpg



PreSonus_Eris_E35_03.jpg



PreSonus_Eris_E35_04.jpg



PreSonus_Eris_E35_05.jpg



PreSonus_Eris_E35_06.jpg



PreSonus_Eris_E35_07.jpg



PreSonus_Eris_E35_08.jpg



PreSonus_Eris_E35_09.jpg



PreSonus_Eris_E35_10.jpg


各所の反応


[#1]
あまり話題にならないですがPreSonus Eris E3.5ってどうなんでしょう。
iLoudとまではいかないけど、このサイズと価格はあまりないので気になってます。



[#2]
E3.5は普通に良かったよ
小型の割りに80-100hzにパンチがあって聴いてて気持ちいい音



[#3]
海外だとMackieのCR3、PreSonus Eris E3.5あたりかなり評判がいいぞ。
特にPreSonusの3インチは音質の評価がとても高い。



[#4]
Presonus Eris E3.5やMackie CR3はリスニング用途でもいい物?



[#5]
>>#4
明るくて解像度が高く前に出る音が好みならオススメです
プレソナスは解像度が優秀で音の立ち上がり(スピード)が速くフラット
マッキーはプレソナスより太めな音という感じですね



[#6]
Eris E3.5を所有、高域が若干華やかで聴く人を選ぶかも。
試聴必須風味。



[#7]
Eris E3.5を視聴してみたところ、解像度は高そうな印象。
ただし、指向性が強いタイプみたいで、角度がずれると音があまりきこえなかった。
机に座ってない状態でもききたいというのには合わなかった。



[#8]
プレソナスE3.5が今の所いいかも。解像度もあり、低音もそこそこ。
もうちょっとだけ音がよくなってほしい感も若干ある。





スピーカー:1インチツイーター+3.5インチウーファー、アンプ出力:25W、再生周波数帯域:80Hz - 20kHz、最大出力音圧レベル:100dB、入力端子:TRS/RCA/AUX、サイズ:幅141x高さ210x奥行き162mm、重量:2.9kg、という仕様。超低質量シルクドーム高域トランスデューサー・Kevlar低域トランスデューサー搭載、低域再現力に優れたファイアリング型アコースティックポート、最適化されたレゾナンス抑制内部ブレーシング、諸問題に対する保護機能を搭載、高周波・低周波を調整できるMF/HFコントロール、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。解像度は高く高音は華やかで低音はそこそこ出ているサウンド、小型でもサイズ以上のパフォーマンスを秘めている、ニアフィールドを称していて実際に聴いてもデスクトップ向けの印象、モニタースピーカーだがリスニング用として十分に通用する、MACKIEの「CR3」(AA)とは音の特徴が違うのでどちらが良いかは好み次第、といった内容。

この「Eris E3.5」は現在15,000円前後の価格で販売中。小型サイズはモニタースピーカーとして見ればの話でデスクトップ用のPCスピーカーとして見るなら少し大きめの部類に入りますが、上記のCR3と同等もしくはそれ以上の評価を得ているならリスニング用でもかなり期待できそうな感があり。また、青っぽいKevlarウーファーが目を引く外観はシンプルかつ品があって好印象。他所を巡ってもコストパフォーマンスの高さを絶賛している声も多く見られましたし、10,000円台の価格帯ではもっと注目されていい存在かと。




PreSonus
売り上げランキング: 63