SteelSeries 『Rival 3』 画像など ~低価格が魅力的な新エントリークラスのゲーミングマウス~

SteelSeries_Rival_3_07.jpg


海外で発売されているSteelSeriesのマウス「Rival 3」。
Rivalシリーズの新型で新エントリークラスとなるゲーミングマウス。これが初出となるTrueMove Coreセンサーや重量:77gの軽量エルゴノミックデザイン、それに30ドルを切る低価格も特徴となりそうなモデルですが、ちょっと見てみます。

Rival 3 | SteelSeries
https://jp.steelseries.com/gaming-mice/rival-3





SteelSeries_Rival_3_08.jpg



SteelSeries_Rival_3_09.jpg



SteelSeries_Rival_3_10.jpg



SteelSeries_Rival_3_11.jpg



SteelSeries_Rival_3_12.jpg



SteelSeries_Rival_3_13.jpg



SteelSeries_Rival_3_14.jpg



SteelSeries_Rival_3_15.jpg



SteelSeries_Rival_3_16.jpg
(via ITC.ua)

センサー:光学式。解像度:100-8500CPI、トラッキング速度:300IPS、最大加速度:30G、ポーリングレート:1000Hz/1ms、ボタン数:6、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅67x奥行き120.6x高さ37.9㎜、重量:77g、という仕様。1対1トラッキングを誇るTrueMove Coreセンサー採用、耐久性6000万回のSteelSeriesメカニカルスイッチ採用、つかみ持ち・つまみ持ちのグリップスタイルを推奨する軽量エルゴノミックデザイン、3ゾーンにRGB LED搭載、オンボードメモリ内蔵、などが特徴。公式サイトでの価格は39.99ドル、北米での実売価格は現在29.99ドル。

各所のレポートを参考にするとセンサーはおそらくPixart PMW3325がベースでそんなに良いものではない、リフトオフディスタンスは長め、本体の形状はRival 110とほぼ同じで後継機と認識してよい、筐体の品質は全体的に高い、ケーブルは従来のゴム製で硬め、30ドル以下の価格を考慮すると出来は良くエントリークラスとして価値あり、とのこと。価格が価格なのでセンサーやケーブルに上位なみの質を求めるのは酷だと思いますし、SteelSeriesのゲーミングマウスが30ドル以下でこの内容ならむしろ上出来の印象。競合機は意外に少ないですからこの価格帯で地位を築けるのではないかと。




SteelSeries
売り上げランキング: 107