Razer 『Razer Huntsman Tournament Edition』 レビューチェック ~高速を謳うTKLゲーミングメカニカルキーボード~

Razer_Huntsman_Tournament_Edition_21.jpg


2019年10月に発売されたRazerのキーボード「Razer Huntsman Tournament Edition」。
これが初出となるリニアタイプの光学式スイッチを採用したテンキーレスのゲーミングメカニカルキーボード。高速反応かつ高耐久性を謳っておりキーキャップも高品質のものが使われているようですが、ちょっとチェックしてみます。

Razer Huntsman Tournament Edition - Linear Optical Switch Keyboard
https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-huntsman-tournament-edition



画像


Razer_Huntsman_Tournament_Edition_22.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_23.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_24.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_25.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_26.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_27.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_28.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_29.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_30.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_31.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_32.jpg
(via 5X/weistang)

メディア・レビューサイト


【ニュース・フラッシュ】Razer、リニアオプティカルスイッチ採用のゲーミングキーボード - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news_flash/1214801.html

光学スイッチ採用のテンキーレスキーボード「Huntsman Tournament Edition」が発売 - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1214972.html

「Razer Huntsman Tournament Edition」をレビュー! - ガジェットやデバイスと戯れて
https://fizzricky-device.hatenablog.jp/entry/2019/11/14/221029

ゲーミングキーボード Razer Huntsman Tournament Edition レビュー | 日々是Dota2攻略ブログ
http://dota2-redwarrior.com/2019/10/07/post-2398/

Razer Huntsman Tournament Edition のレビュー|sun|note
https://note.com/asuforce/n/n2b0ecfc57121

Razer Huntsman Tournament Editionレビュー!軽く1mmのAPが魅力のゲーミングキーボード | 漆黒のPCゲーマー
https://shikkokugamer.com/gamingkeyboard/razer-huntsmantournamentedition/

【レビュー】史上最速!スピード軸よりも軽くて早いTKL!Razer「Huntsman Tournament Edition」
https://ryoblog.site/razer-huntsman-tournament-edition-review




キースイッチ:Razer Linear Optical Switches、押下圧:40g、キー耐久性:1億回、アクチュエーションポイント:1.0mm、キーレイアウト:87キー英語配列、キーキャップ:PBT/二色成形、サイズ:幅362x奥行き140x高さ36㎜、重量:741g、という仕様。コンパクトで標準的な配列のテンキーレスデザイン、リニアタイプの光学式スイッチ・Razer Linear Optical Switches採用、Razer Chroma対応のRGBキーバックライト搭載、高耐久性のダブルショットPBTキーキャップ採用、USB Type-C採用のケーブル着脱式、オンボードメモリ内蔵、Nキーロールオーバー&アンチゴースト機能、などが特徴。

レビューしている人は数名いましたが、「キーの反応はアクチュエーションポイントが1mmなので確かに速い」「キーの感触はリニアタイプらしく物理接点がなくて非常に軽い、構造的に耐久性も期待できそう」「キースイッチだけでなくキーキャップやフレームも品質は高い」「ゲーミングキーボードでUSB Type-Cを採用しているのはまだ少数、ケーブルの取り回しと汎用性の高さは長所」「現状だと英語配列版しか選べないのが唯一の欠点とも言える」「反応が高速ゆえに万人向けとは言えず慣れが必要、慣れて合うようなら圧倒的なスピードが活きる」といった内容。

各所の反応


[#1]
logicoolのgproから乗換えでhuntsman tournament edition 1週間使ってみた
US配列とキーの質感が良いね。キーキャップが変わってLEDは若干大人しくなったところも良い
gproやchroma v2緑軸よりタッチに敏感で最初は慣れが必要だが



[#2]
初めて展示触ったけどHUNTSMAN TEのキーキャップの質感いいなー
リニアが苦手だから紫軸かメカニカルであのキーキャップ採用してくれないかな



[#3]
Huntsman TEホームポジションに手を添えただけでファンクションキー誤爆してしまう
かなり浅いところで反応するね。慣れが必要だわ
ファンクションキー押すと選択可能なキーの色が変わるのは斬新で中々良い



[#4]
huntsman te気になってるんですけど指の重みで反応することってありますか?



[#5]
>>#4
そんな感じ。慣れるとかなり良いよ



[#6]
>>#5
自分はゲームよりも文章作成する機会が多いんですけど
誤タッチは慣れることでなくなりますか?



[#7]
>>#6
慣れれば普通に使えるよ
キーキャップも良い感じだし、自分の中では買って良かったキーボード



[#8]
自分はbw v2黄軸使っていてハンツマンTEに移行したけど誤爆は明かに減った。
TEの方が黄軸より押し込み短い仕様なんだけどね。変えて良かったよ。



[#9]
光学式って入力速度?が違うん?
正直キーボードやマウスで速度の差なんて感じたことないんだけど



[#10]
>#9
HuntsmanTEはわかるよ
まぁ違いが分かったところでスコアが良くなるわけでも無いけどな



[#11]
>>#10
Huntsmanはアクチュエーションポイントの違いだろ
アクチュエーションが短いから、早く感じただけじゃ?



[#12]
>>#11
勿論それも含めての速さ。
後は感覚的な話になるけどcherryのメカニカルスイッチと比べてキレが違うと感じる。
遊びがないというか、反応するギリギリのところの遊びがもの凄く少ない



[#13]
おれも今Huntsman teだけどすごく快適
FPSだけじゃなく2DアクションとかSTGもいける
chery赤と比べると反応速度はだいぶ違う



[#14]
>>#13
huntsman te購入悩んでる理由が配列とキーの軽さなんだけど
英語配列で困ることってあった?



[#15]
>>#14
配列はenterが小さいのとアンダーバーのキーが違ってちょっと戸惑ったぐらい
キーの軽さは個人的にもっと軽くても良いぐらい
K70銀軸で撫で打ちにかなり慣れてたから違和感なかった

もひとつ配列について無変換キーがないね
おれは使ってなかったので問題なしだったけど使ってるなら注意



[#16]
>>#15
ゲームに関しては良さそうだけどタイピング用途はどう?



[#17]
>>#16
撫で打ちできるかどうかが全てだとおもう
おれの場合huntsmanの前に銀軸使ってたからすんなり使えたけど
銀軸慣れるまではけっこうかかった
底打ちする人にはお勧めできない
撫で打ちになれたら軽い力で速く入力できる



[#18]
apex proとhuntsman te触ってきたわ
押圧5gの違いはあんま分からんかったけどapexはキーキャップが特殊で押し辛かった
音はちょいhuntsmanの方が大きい
apexの方がアクチュエーションポイント浅いけど
キーが軽い分huntsmanもapexくらいの入力速度出るんかな



[#19]
テンキーレスなら現状だとRazer Huntsman TEがイイんじゃねーかな
キーボードは違いがわかりにくいって言われるけど
Huntsmanの光学式スイッチは違いがわかるスイッチだと思う
あとゲーム用キーボードの中だとキーキャップの品質が一番良い





各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。キーの入力はかなり浅い位置で反応するので慣れが必要、底打ちが身についている人には合わないかもしれない、キーボードの特徴を掴めば使用感は非常に軽快、Razerの光学式スイッチはCherry MX系と比べて違いを色々と体感できる、キーキャップの品質はゲーミングキーボードの中だとおそらくトップクラス、キーバックライトの発光具合はいい意味で控えめ、テンキーレスのゲーミングメカニカルキーボードとしては現状だと一二を争えるもの、といった内容。

名が挙がっていたSteelSeriesの「Apex Pro TKL」(AA)とはスペックの面で甲乙つけがたい感じですが、Apex Pro TKLの方は付加機能も注力しているのに対してこちらは実用性に特化していますから、そのあたりをどう見るかもカギとなりそう。個人的には余計なコストをかけていない=価格が抑えられているこちらの方が好印象。全体的に品質の高さがうかがえますしRazerのテンキーレスモデルでは最高傑作と言っても過言ではないかと。「Razer Huntsman Tournament Edition」は現在15,000円台の価格で販売されています。




Razer
売り上げランキング: 23