Kensingtonのトラックボール『Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball』の極端な形状をM570比較で見る

Kensington_Pro_Fit_Ergo_Vertical_and_Logicool_M570_01.jpg


海外で発売されているKensingtonのトラックボール「Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball」。
エルゴノミックデザイン/親指操作タイプのワイヤレストラックボールで、まるでエルゴノミクスマウスのような極端な形状が目を引くモデル。どれだけ極端なのかロジクールの「M570」との外観比較があったので、ちょっと見てみます。

Kensington、極端な形状のワイヤレストラックボール『Pro Fit Ergo Vertical Wireless Trackball』
https://watchmono.com/blog-entry-10613.html





Kensington_Pro_Fit_Ergo_Vertical_and_Logicool_M570_02.jpg



Kensington_Pro_Fit_Ergo_Vertical_and_Logicool_M570_03.jpg



Kensington_Pro_Fit_Ergo_Vertical_and_Logicool_M570_04.jpg



Kensington_Pro_Fit_Ergo_Vertical_and_Logicool_M570_05.jpg
(via Amazon)

サイズをおさらいしておくとKensingtonの方は幅85.5x奥行き136.3x高さ66.8mm(インチ換算なので誤差が多分あり)、M570の方は幅95x奥行き145x高さ45mm。以前取り上げた時はサイズが不明だったので実機を見ても大きさはよくわかりませんでしたが、こうして並べて見ると縦x横はM570より少し小さいと確認。しかし形状といい各パーツの位置といい丸っ切り違っていて、同じ親指操作のトラックボールでもこれはある意味比較対象にならないのではないかと思うほど別物。Kensingtonの方は本当に60度くらい傾けたエルゴノミックデザインになっているんだなと。前代未聞であろうエルゴノミクスマウススタイルのトラックボール、その使用感は当然気になるので日本でも発売を早く期待したいところです。




ケンジントン
売り上げランキング: 458