XENICS 『TITAN G AIR』 画像など ~ギミックも備えたハニカムデザイン/軽量ゲーミングマウス~

XENICS_TITAN_G_AIR_09.jpg


海外で発売されているXENICSのマウス「TITAN G AIR」。
トップカバー交換やウエイトシステムなどのギミックを備えたハニカムデザインの軽量ゲーミングマウス。ワイヤレスモデルの「TITAN G AIR Wireless」や同型であるSharkoonの「Light² 200」が発表されるなどの新たな動きもありましたが、既に出回っているこちらを改めて見てみます。

TITAN G AIR
http://www.xenics.co.kr/goods/goods_view.php?goodsNo=1000000158





XENICS_TITAN_G_AIR_10.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_11.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_12.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_13b.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_14.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_15.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_16.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_17.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_18.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_19.jpg



XENICS_TITAN_G_AIR_20.jpg
(via cooln)

センサー:光学式、解像度:16000DPI、ポーリングレート:125-1000Hz、ケーブル長:1.8m、サイズ:幅66x奥行きx120x高さ42mm、重量:約58g、という仕様。Pixart PMW3389のセンサー採用、耐久性2000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、ハニカムデザインの軽量ボディ、トップカバー&中央ボタンのパーツが交換可能、パラコードケーブル採用、テフロンソール採用、計12個の錘で調整できるウエイトシステム、RGB LED搭載、専用ソフトウェアあり、などが特徴。カラーはブラック・ホワイトの2色。

分解・実重量レポートでメインクリックのマイクロスイッチはオムロン D2FC-F-7N(20M)、実重量が約63gだったという事が既に判明。60g以下でなく60g超だった事を許容できるなら欠点らしき欠点は特に見当たりませんし、独自のギミックも人によっては長所となりそう。また、別カラーのトップカバーがオプションとして後に出るという情報もありましたから、それも他にはない特徴になるかと。ただ、このモデルが日本で出回る可能性は皆無に等しいと思うので、その点はSharkoonに期待した方がいいでしょう。




Xenics
売り上げランキング: