Corsair、主要パーツが刷新されたMOBA/MMOゲーミングマウス『SCIMITAR RGB ELITE』

Corsair_SCIMITAR_RGB_ELITE_01.jpg


海外で見かけたCorsairのマウス「SCIMITAR RGB ELITE」。
日本では2017年2月に発売されたMOBA/MMOゲーミングマウス「Scimitar PRO RGB」の実質マイナーチェンジ版がリリースされる模様。センサーがPixart PMW3360→PMW3391に変更されたほかマイクロスイッチも刷新されています。

SCIMITAR RGB ELITE Optical MOBA/MMO Gaming Mouse
https://www.corsair.com/p/CH-9304211-NA





Corsair_SCIMITAR_RGB_ELITE_02.jpg



Corsair_SCIMITAR_RGB_ELITE_03.jpg



Corsair_SCIMITAR_RGB_ELITE_04.jpg



Corsair_SCIMITAR_RGB_ELITE_05.jpg



Corsair_SCIMITAR_RGB_ELITE_06.jpg
(via HardwareCooking)

Pixart PMW3391のセンサー採用、耐久性5000万回のオムロン製マイクロスイッチ採用、12個のサイドボタンをスライド調整できるKey Sliderコントロールシステム、4ゾーンにRGB LED搭載、編組ケーブル採用、3つのプロファイルを保存可能なオンボードメモリ内蔵、統合ソフトウェア・iCUE、重量:122g、主な仕様・特徴は以上。

前作はセンサーがPMW3360でマイクロスイッチが耐久性2000万回のものでしたから、主要パーツは刷新される形に。ただ、変更点はそこだけで重量が軽くなったとかいう変化は無し。愛用している既存のユーザーには良きマイナーチェンジかもしれませんが、注目するほどでもないと思うのが正直なところでしょうか。Corsairは相変わらず攻めてこないよなぁ。

<関連記事>Corsair 『SCIMITAR RGB ELITE』 画像など ~刷新されたMOBA/MMOゲーミングマウス~


Corsair
売り上げランキング: 89