ロジクール、自身初?となるエルゴノミックデザインのワイヤレスキーボード『ERGO K860』

Logicool_ERGO_K860_01.jpg


海外で発表があったロジクールのキーボード「ERGO K860」。
立体的でメインキーが左右に分離したエルゴノミックデザインのワイヤレスキーボードをロジクールがリリースする模様。2018年に発売したエルゴノミクスマウス「MX Vertical」のお供にもなりそうなフルサイズのモデルです。

Logitech ERGO K860 Wireless Split Keyboard
https://www.logitech.com/en-us/product/k860-split-ergonomic-keyboard





Logicool_ERGO_K860_02.jpg



Logicool_ERGO_K860_03.jpg



Logicool_ERGO_K860_04.jpg



Logicool_ERGO_K860_05.jpg



Logicool_ERGO_K860_06.jpg
(via Youtube)

2.4GHz(Unifying)/Bluetooth両対応の通信方式、人間工学に基づいた湾曲/分割キーフレーム、精確かつ快適な打鍵感を実現するPerfect Strokeキー、3層構造の専用パームレスト、パームレスト部にスタンドを搭載して後傾ポジションが可能、バッテリー:単四電池2本、サイズ:幅456x奥行き233x高さ48mm、重量:1,160g、主な仕様・特徴は以上。北米公式サイトでの価格は129.99ドル。

エルゴノミックデザインのキーボードをロジクールが出すのはこれが初?。1990~2000年代に出していたのかは知りませんが、ここ10年で該当する製品はありませんから非常に目新しい一品。本家本元のマイクロソフトは今やPC周辺機器を積極的に手がけていないので今後はあまり期待できそうにありませんし、出来が良ければこのモデルだけでその座を奪う事ができるかもしれませんね。

<関連記事>ロジクール 『ERGO K860』 画像など ~ワイヤレスのスプリットエルゴノミックキーボード~


Logicool(ロジクール)
売り上げランキング: 13