dyplay、現時点で最安となるANC搭載の完全ワイヤレスイヤホン『ANC Shield』

dyplay_ANC_Shield_01.jpg


海外で見かけたdyplayのイヤホン「ANC Shield」。
これまでオーディオ製品をいくつも手がけている中華系メーカーの完全ワイヤレスイヤホンで、ANC機能の搭載を主な特徴としているモデル。日本でも一部のショップで既に取り扱っており、現時点では最安となるANC搭載機です。

ANC Shield降噪盾真无线降噪耳机
https://www.dyplay.cn/portfolio/items/1236729





dyplay_ANC_Shield_02.jpg



dyplay_ANC_Shield_03.jpg



dyplay_ANC_Shield_04.jpg



dyplay_ANC_Shield_05.jpg



dyplay_ANC_Shield_06.jpg



dyplay_ANC_Shield_07.jpg



dyplay_ANC_Shield_08.jpg
(via dangbei)

通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:5-6時間、充電時間:約1.5時間、ドライバー:10mm径ダイナミック型、という仕様。複合振動板を採用したダイナミックドライバー、最大25dBまで騒音を除去するアクティブノイズキャンセリング機能、曲スキップも可能なタッチコントロールボタン搭載、最大6回分の充電可能&USB Type-C採用のバッテリーケース、などが特徴。

価格に関しては公式サイトだと69.99ドル、日本での販売開始時はプレセール?で6,000円だった模様(現在は8,000円台)。ちなみに同社のANC搭載モデルは「ANC TWS」(AA)も存在していて定価はそちらの方が安かったりしますが、現時点ではdyplayの製品が最安という事になるでしょうか。ANCの効きがはたして実用レベルなのかはさておき、低価格帯でもANC搭載の完全ワイヤレスイヤホンが普及する流れは既にきていますね。




dyplay
売り上げランキング: 1701