Thermaltake、文鎮タイプでRGB LED搭載のマウスバンジー『MB1 RGB』

Thermaltake_MB1_RGB_Mouse_Bungee_01.jpg


海外で発表があったThermaltakeのマウスバンジー「MB1 RGB」。
マウスバンジーといえばケーブルを吊るすアームタイプと本体にケーブルを挟む文鎮タイプの2種類あって前者の方が主流になっていますが、これは今どき珍しい後者のモデル。「TM5 RGB Wireless」と共にイベントで出展されていました。

CES 2020 Thermaltake
https://ces.thermaltake.com/2020/product_TTGaming.html





Thermaltake_MB1_RGB_Mouse_Bungee_02.jpg



Thermaltake_MB1_RGB_Mouse_Bungee_03.jpg



Thermaltake_MB1_RGB_Mouse_Bungee_04.jpg



Thermaltake_MB1_RGB_Mouse_Bungee_05.jpg
(via Tom's Hardware)

上部にケーブルクリップ&底部にラバーベースを搭載した文鎮型のベース、TT RGB PLUS対応&6種のライティングモードを備えたRGB LED搭載、取り外し可能なUSBケーブル、公開されていた製品情報は以上のとおり。イベントに出展されていたサンプルを見るにベースは重そうな金属製で底部とロゴが発光する模様。発売日・価格等はまだ明らかになっておらず。

文鎮タイプのマウスバンジーは中韓系のメーカーがいつか出していたと思いますが、有名どころだとSteelSeriesの1モデルしか知らないので珍しさと懐かしさを感じる一品。それをどこかのOEM/ODM品を利用するのではなくオリジナルで出してきたのは好感が持てるところ。ちなみにThermaltakeはTt eSPORTSの方でマウスバンジーを過去に一つ出していたりします。




Thermaltake
売り上げランキング: