Corsair、CHERRY新スイッチでリニューアルされたゲーミングメカニカルキーボード『K95 RGB PLATINUM XT』

Corsair_K95_RGB_PLATINUM_XT_01.jpg


海外で見かけたCorsairのキーボード「K95 RGB PLATINUM XT」。
2017年3月に発売された現ラインナップで最上位モデルとなるゲーミングメカニカルキーボード「K95 RGB PLATINUM」のリニューアル版。本体のデザインはそのままにCHERRYの新スイッチ採用をはじめ、あらゆる部分を刷新しているようです。

K95 RGB PLATINUM XT Mechanical Gaming Keyboard — CHERRY MX SPEED
https://www.corsair.com/p/CH-9127414-NA





Corsair_K95_RGB_PLATINUM_XT_02.jpg



Corsair_K95_RGB_PLATINUM_XT_03.jpg



Corsair_K95_RGB_PLATINUM_XT_04.jpg



Corsair_K95_RGB_PLATINUM_XT_05.jpg



Corsair_K95_RGB_PLATINUM_XT_06.jpg



Corsair_K95_RGB_PLATINUM_XT_07.jpg
(via Vietgame)

耐久性1億回になったCherry MXのキースイッチ採用、PBT製/ダブルショットのキーキャップ採用、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、19ゾーンでカスタマイズできるLEDライトバー・LightEdge、Elgato Stream Deckソフトウェア対応&専用キーキャップ付属のマクロキー、専用メディアコントロール・USBパススルーポート搭載、レザーレットパームレスト付属、主な仕様・特徴は以上。

従来のCherry MXは耐久性が5000万回ですから1億回になっているという事は、キーボードだけでなくキースイッチもリニューアルされた形になるでしょうか。これまでCHERRYの新スイッチはCorsairが先行して採用するパターンが出来上がっていたので、これが初出なのも納得。また、標準でPBT製のキーキャップを採用しているのも従来より大きな変更点の一つ。ゲーミングメカニカルキーボードもPBT製が普及しつつありますね。