台湾で売っていたロジクールの福袋を見てみる

Logicool_Taiwan_Lucky_Bag_2020_01.jpg


正月恒例のお買い物といえば数多くのショップで販売されている福袋。購入金額以上の製品が必ず入っているものや景品くじみたいな形でアタリ・ハズレがあるものなど種類は多種多彩ですが、台湾でもまったく同じ事をやっている模様。今年はロジクールの福袋をファミリーマート限定で取り扱っていて、フォーラムサイトを覗くとその事で賑わっていました。

羅技迎新年 好運袋著走
https://www.logitech-event.com.tw/event/event-info/12





Logicool_Taiwan_Lucky_Bag_2020_08.jpg


福袋の概要を簡単にまとめると価格は599ニュー台湾ドル(約2,100円)、ロジクールの製品1個と販促品2~3個が必ず入っていて一番の当たりは2,599ニュー台湾ドル(約9,400円)相当になっているとのこと。特設サイトのイメージ画像から察するに一等と言えるものは「MX Anywhere 2S」、二等と言えるものは「M720 Triathlon」。ロジクールが福袋を出すのは今回が初だったのか発売日前後で結構話題になっていたようで、購入報告も多数あり。以下はその一例を見ていきます。


Logicool_Taiwan_Lucky_Bag_2020_02.jpg


購入報告その1。LINEのキャラが描かれたワイヤレスマウス「LINE FRIENDS COLLECTION Wireless Mouse」とオリジナルポーチ・ゲーミングマウスパッドの3点。これが今回の”ハズレ”と言えるセット。でもマウスの定価は699ニュー台湾ドルなので計算上は損をしておらず。ちなみにゲーミングマウスパッドはどれにも必ず入っていたようです。


Logicool_Taiwan_Lucky_Bag_2020_03.jpg


購入報告その2。有線のPC用ゲームコントローラー「F310」とオリジナルポーチ・ゲーミングマウスパッドの3点。これも”ハズレ”と言えるセットでLINEのマウスと同じくらい報告あり。ゲームコントローラーは日本だと現在1,900円で販売されているものですから、これも元は一応取っているかと。


Logicool_Taiwan_Lucky_Bag_2020_04.jpg


購入報告その3。ウェブカメラ「C270」とオリジナルポーチ・LINEポーチ・ゲーミングマウスパッドの4点。ウェブカメラは日本だと現在2,000円前後の製品なので上2つと大差ない気もしますが、LINEポーチも付いているので”ハズレ”扱いではないのかな?。ちなみにLINEのマウスとポーチは4種類あってランダムに入っているようです。


Logicool_Taiwan_Lucky_Bag_2020_05.jpg


購入報告その4。ワイヤレスキーボード&マウスのコンボ「MK240」とオリジナルポーチ・ゲーミングマウスパッドの3点。キーボード&マウスは一見”アタリ”のように見えますが、日本だと現在1,800~2,300円のエントリークラスな製品なので、むしろ”ハズレ”に近いのでは・・・・。


Logicool_Taiwan_Lucky_Bag_2020_06.jpg


購入報告その5。上記で触れたワイヤレスマウス「M720 Triathlon」と正体不明の販促品・ゲーミングマウスパッドの3点。前述のとおりM720は二等と言えるもので日本だと現在6,000円台で販売されているものですから、これは”アタリ”。正体不明の販促品については誰も触れていなかったので何なのかわかりませんでした。


Logicool_Taiwan_Lucky_Bag_2020_07.jpg
(via ptt)

数多くあった購入報告で”アタリ”を引いていたのは上記の一件しか見かけず、どちらかと言えば”ハズレ”を引いた悲鳴で賑わっていた感じ。なかには3つ4つ買って中身が全部同じだったという報告もあったので、”アタリ”の割合はかなり低かったのではないかと。でもこの手の福袋って大体どこも同じで在庫処分が目的になっているのは明白ですから、それを踏まえて買わないと損した気分になるでしょうね。




Logicool(ロジクール)
売り上げランキング: 149