Corsair 『110R Tempered Glass』 画像など ~割安になったガラスパネル&5インチベイ搭載のPCケース~

Corsair_110R_Tempered_Glass_01.jpg


2019年10月に発売されたCorsairのPCケース「110R Tempered Glass」。
強化サイドガラスパネルと取り外し可能な5.25インチベイの搭載を主な特徴としているシンプルなミドルタワーのPCケース。発売当初は割高感のある価格設定でしたが、日を追うごとの値下げで一転して割安感のあるものに。ちょっと見てみます。

110R Tempered Glass | CORSAIR ミドルタワー型PCケース | 株式会社アスク
https://www.ask-corp.jp/products/corsair/middle-pccase/110r-tempered-glass.html





Corsair_110R_Tempered_Glass_02.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_03.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_04.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_05.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_06.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_07.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_08.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_09.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_10.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_11.jpg



Corsair_110R_Tempered_Glass_12.jpg
(via zol.com/xfastest)

対応フォームファクタ:ATX/MicroATX/ITX、拡張スロット:7、ドライブベイ:5.25インチx1・3.5インチx2・2.5インチx2、I/O:USB 3.0x2・Audio in/out、標準搭載ファン:120㎜ x1、サイズ:幅210x奥行き480x高さ480mm、重量:6.45kg、水冷ラジエータ最大280mm対応、ビデオカード最大330mm対応、CPUクーラー全高160mm対応、ファン最大7基搭載可能、という仕様。スモーク仕上げになっている4mm厚の強化サイドガラスパネル、取り外し可能な5.25インチベイ、着脱可能なダストフィルター搭載(ボトム)、などが特徴。

ガラスパネルは前面ボルト固定のタイプで言わば普通。5.25インチベイはここ数年で逆に増えつつあるので貴重というわけでもなし。他の部分も特筆する点はこれといってなく、そうなると後は価格次第。発売当初は9,000円台で内容的に割高感が否めませんでしたが、現在は6,000円を切っていて割安感があるとも適正価格とも言える状況に。できるだけ安く組みたい人でガラスパネル・5.25インチベイの2点がプラス要素になるのであれば悪くない選択肢だと思います。ちなみに同社のPCケースは「Carbide Series 175R RGB」(AA)も安くなっており、5.25インチベイが不要ならそちらの方がいいかもしれません。