【PCケース】IN WIN 『ALICE』 画像など

InWin_ALICE_01.jpg


2019年12月に発売されたIN WINのPCケース「ALICE」。
樹脂製のフレームをポリエステル製のカバーで覆う、前代未聞のユニークな作りになっているミドルタワーのPCケース。煙突構造のレイアウトでカバーを装着しなければオープンフレームPCケースとしても使えるモデルですが、ちょっと見てみます。

InWin ALICE
https://www.in-win.com/ja/gaming-chassis/alice/





InWin_ALICE_02.jpg



InWin_ALICE_03.jpg



InWin_ALICE_04.jpg



InWin_ALICE_05.jpg



InWin_ALICE_06.jpg



InWin_ALICE_07.jpg



InWin_ALICE_08.jpg



InWin_ALICE_09.jpg



InWin_ALICE_10.jpg
(via xfastest)

対応フォームファクタ:ATX/MicroATX/ITX、拡張スロット:8、ドライブベイ:3.5インチx1・2.5インチx3、サイズ:幅282x奥行き433x高さ584mm、重量:3.7kg、水冷ラジエータ最大360mm対応、ビデオカード最大300mm対応、CPUクーラー全高195mm対応、ファン最大4基搭載可能、という仕様。軽量で堅牢な樹脂フレーム採用、下から上へ効率的なエアフロ―を実現する垂直レイアウト、トップを覆う防塵カバー、サイド一帯を覆うポリエステル製カバー、計2カラーラインナップ、などが特徴。

PCケースといえばスチールやガラスのパネルで組まれているのが普通ですから、カバー=布で覆うのはおそらく前例がないのではないかと。そのカバーは自由にカスタマイズできると謳っているとおり、別途で用意すればデザイン面の可能性は無限大(カバーのオプションは今のところ存在せず)。ケースの性能はオープンフレームのタイプとして導入するなら許容できるでしょうし、何より着せ替えできるPCケースはまったく想像した事がなかったので、これはもう斬新の一言ですね。「ALICE」は現在7,000円台の価格で販売されています。




IN WIN Development
売り上げランキング: 126