ikbc、”末期色”もあるワイヤレスメカニカルキーボード『W210』のカラーバリエーションモデル

ikbc_W210_Color_01.jpg


ikbcが今年の春ごろにリリースしたワイヤレスメカニカルキーボードの「W210」。オーソドックスなフルサイズで2.4GHz帯のワイヤレス接続に対応しているという何気に稀少なタイプですが、当初はブラック・ホワイトだけだったカラーラインナップが追加された模様。パステルカラーの計4色でその中には”末期色”と言えそうなイエロー一色のモデルもあります。

ikbc、何気に少数派のワイヤレスメカニカルキーボード『W210』
https://watchmono.com/blog-entry-9713.html





ikbc_W210_Color_02.jpg



ikbc_W210_Color_03.jpg



ikbc_W210_Color_04.jpg



ikbc_W210_Color_05.jpg


このキーボードはキーキャップやフレームだけでなく内部のシャーシや基板も同じ色に仕上げているのが特徴。なのでCherry MXのキースイッチを除けばまさに一色のカラーリング。カラーバリエーションモデルはピンク・グリーン・ブルー・イエローの4色、いずれもこの分野では珍しい色合いで目を引きますが、その中でもイエローはやっぱりインパクトあるなと。”末期色”のメカニカルキーボードといえばDuckyが6年くらい前に「Ducky Shine 3 Yellow」を出していたよなぁ・・・・あの頃のDuckyは本当にぶっ飛んでいた。そんな懐かしいものを思い出すくらい該当するモデルが存在しませんでしたから、レアと言えばかなりレアです。




ikbc
売り上げランキング: 1104