中華メカニカルキーボードのクリスマス限定モデルその2『AJAZZ IK61』

AJAZZ_IK61_Christmas_01.jpg


世間はクリスマスシーズンで賑わっていますがメカニカルキーボードの業界も例外ではなく、CHERRYやDuckyなど一部のメーカーは今が商機とばかりクリスマス限定モデルのキーボードやキーキャップを販売していたりする。これまで記事に取り上げた以外の製品もあるんじゃないかと調べたら、中華系の製品で該当するものがいくつかあり。2つ目は手ごろなキーボードやマウスを手がけているAJAZZの「IK61」です。

中華メカニカルキーボードのクリスマス限定モデルその1『IQUNIX F96』
https://watchmono.com/blog-entry-10455.html





AJAZZ_IK61_Christmas_02.jpg



AJAZZ_IK61_Christmas_03.jpg



AJAZZ_IK61_Christmas_04.jpg



AJAZZ_IK61_Christmas_05.jpg



AJAZZ_IK61_Christmas_06.jpg


このキーボードはおそらく以前取り上げた「i610T」がベースとなっているもの。61キー英語配列の60%レイアウト、メカニカルキースイッチ採用、ホワイトのキーバックライト搭載、Bluetooth 3.0/USB Type-Cの無線/有線両対応、800mAhのバッテリー内蔵、といった点は共通。クリスマス限定モデル独自の特徴は専用のデザインになっているPBT製のキーキャップを採用、それと普通のキーキャップも付属している模様。要はi610Tにクリスマスデザインのキーキャップを加えた形でしょうか。価格は中国にあるオフィシャルストアで329人民元(約5,100円)、i610Tが179人民元だった事を考えるとキーキャップにコストが結構かかっているようです。




AJAZZ
売り上げランキング: 868