【キーボード】Razer 『Razer Huntsman Essential』 画像など

Razer_Huntsman_Essential_09.jpg


海外で発売されているRazerのキーボード「Razer Huntsman Essential」。
独自の光学メカニカルキースイッチを採用したゲーミングメカニカルキーボード「Razer Huntsman」の廉価版となる”Essential”モデル。内容的にキーバックライトがグリーン単色へ変えられただけっぽいですが、ちょっと見てみます。

Razer Gaming Keyboards & Keypads | Razer United States
https://www.razer.com/gaming-keyboards





Razer_Huntsman_Essential_10.jpg



Razer_Huntsman_Essential_11.jpg



Razer_Huntsman_Essential_12.jpg



Razer_Huntsman_Essential_13.jpg



Razer_Huntsman_Essential_14.jpg



Razer_Huntsman_Essential_15.jpg



Razer_Huntsman_Essential_16.jpg



Razer_Huntsman_Essential_17.jpg



Razer_Huntsman_Essential_18.jpg


キーレイアウト:104キー英語配列、キースイッチ:Razer Opto-Mechanical Switch、キー耐久性:1億回、押下圧:45g、アクチュエーションポイント:1.5mm、ケーブル長:2m、サイズ:幅445x奥行き141x高さ37mm、重量:840g、という仕様。独自の光学メカニカルキースイッチ採用、グリーンのキーバックライト搭載、ABS製/キーバックライト透過型のキーキャップ採用、フローティングデザイン&アルミ製トップカバー採用のフレーム、メモリとクラウドで保存するハイブリッドストレージ、10キーロールオーバー対応&アンチゴースト機能、統合ソフトウェア・Razer Synapse 3対応、などが特徴。

実機を見てもHuntsmanの通常モデルとはキーバックライトしか違いがなく、そのキーバックライトがグリーン単色になっただけという認識でよさそうな印象。ただ、それゆえに廉価版でも価格はそこまで抑えられておらず、先行販売している中国では通常モデルが769人民元(約12,000円)なのに対しEssentialモデルは699人民元(約11,000円)。この価格差ではあえてこちらを選ぶメリットはそんなにないのではないかと。ちなみにEssentialの製品はこれまでのパターンだと中国先行でその後に米国、そこから遅れて日本へ来る展開でしたから仮に日本で発売されるとしてもしばらく先かもしれません。




Razer(レイザー)
売り上げランキング: 237