【マウスパッド】HyperX 『FURY Ultra』 画像など

HyperX_FURY_Ultra_01.jpg


2019年12月に発売されたHyperXのマウスパッド「FURY Ultra」。
ゲーミングデバイスを数多く手がけているHyperXの製品で何気にこれが初となるRGB LED搭載のゲーミングマウスパッド。マイクロテクスチャード加工の硬い表面になっているハードタイプのモデルですが、ちょっと見てみます。

FURY Ultra – RGBマウスパッド | HyperX
https://www.hyperxgaming.com/jp/mouse-pad/fury-ultra-rgb-gaming-mouse-pad





HyperX_FURY_Ultra_04.jpg



HyperX_FURY_Ultra_05.jpg



HyperX_FURY_Ultra_06.jpg



HyperX_FURY_Ultra_07.jpg



HyperX_FURY_Ultra_08.jpg



HyperX_FURY_Ultra_09.jpg



HyperX_FURY_Ultra_10.jpg
(via PCPOP)

360度のダイナミックなライティング効果&15ゾーンに分けてカスタマイズできるRGB LED搭載、マイクロテクスチャード加工のハードサーフィス、楕円の突起で滑りにくいラバーベース、統合ソフトウェア・HyperX NGENUITY、サイズ:幅359.4x奥行き299.4x厚さ5㎜、重量:580g、ケーブル長:1.8m、主な仕様・特徴は以上。

RGB LEDゲーミングマウスパッドとして基本はちゃんと押さえている作りですが、先日発売されたRazerの「Razer Firefly V2」(AA)に比べると洗練されていないというか前世代の感があり。しかしユニットにLEDライトバーが搭載されているのは他にないので、そこはプラス要素かもしれません。「FURY Ultra」は現在6,000円台の価格で販売されています。




キングストンテクノロジー
売り上げランキング: 418