【イヤホン】SoundPEATS 『Q30 HD』 レビューチェック

SoundPEATS_Q30_HD_01.jpg


2019年10月に発売されたSoundPEATSのイヤホン「Q30 HD」。
Q35+ / Q35 HD」と同じくQualcomm QCC3034のBluetoothチップ採用によるaptX HD対応や10mm径ダイナミックドライバー搭載などを特徴としたBluetoothイヤホン。こちらはMicroUSB接続で充電するスタンダードなタイプのモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

SOUNDPEATS Audio | Home
https://www.soundpeatsaudio.com/en/



画像


SoundPEATS_Q30_HD_02.jpg



SoundPEATS_Q30_HD_03.jpg



SoundPEATS_Q30_HD_04.jpg



SoundPEATS_Q30_HD_05.jpg



SoundPEATS_Q30_HD_06.jpg



SoundPEATS_Q30_HD_07.jpg



SoundPEATS_Q30_HD_08.jpg


各所の反応


[#1]
アマゾンでQ30HDが安かったので注文した。
ガチるやつはもっといいのを買うと思うけど、ちょい聴きには十分なスペック。



[#2]
Q30HDとQ35+ってどっちがいいんでしょうか?



[#3]
>>#2
Q30HD→従来のUSBケーブル、IPX7
Q35+→新しい磁石の充電ケーブル、IPX8
明確な違いはこれくらいか?



[#4]
Q35+のマグネット式充電器にこだわらないならこっちでも良いと思う



[#5]
Q35+の専用ケーブルが嫌ならQ30HDにしとけば良い
充電器以外のスペックは基本的に同じで安い



[#6]
Q30HD安かったからポチったけど
調べてみたら自分のスマホAPTXまでしか対応してなかったわ
まぁ安いからいいか



[#7]
71買ったけどQ30HDは低音出るの羨ましいな



[#8]
低音の量感だと
Q30HD>Q35+>TT-BH072>SoundElite71
かな?



[#9]
Q30 HDはスペック通り普通に良いね
4000円以下の左右一体型イヤホンならQ35+とQ30 HDの2択じゃないやろか?
SoundElite71や72も悪くはないが
ドライバ10mmのsoundpeatsの2つの方が低音がちゃんと聴こえる



[#10]
スペックではドライバーの口径が重要
Q35やQ30が評判いいのは10mmで低音もそこそこ出るから



[#11]
SoundElite71買ったんでQ30Plusと聴き比べてみたけど、低音は圧倒的にQ30だね
その代わり高音の伸びと細かい音の聞こえ具合?は圧倒的にSoundEliteが上だと思う
Q30は低音がメインで後はとりあえず鳴るって感じた



[#12]
Sound Elite71とQ30plusズバリどっちのが良いんだ?



[#13]
>>#12
Q30plusの改良版のQ30 HDの方が良い
SoundElite71はドライバーが小さいからか低音が貧弱すぎる。



[#14]
使ってみての感想だと
低音ならQ30シリーズ、高音の伸びとか明瞭感ならSoundEliteかな
聞いててご機嫌なのはQ30でスッキリ長時間聞くならSoundEliteと感じた



[#15]
今のラインナップでは左右一体型なら
Q35+、Q30HD、soundElite72(TT-BH072)の3択



[#16]
>>#15
Q35+は充電コネクタが面倒いんで最初に除外したわ



[#17]
ピーツのQ30HDやQ35+の10mmドライバーは
密閉率の高いイヤーピース使わないと真価発揮できないよ
付属のだといまいち



[#18]
Bluetooth初めて買うんですが
ピーツのQ35HDかQ30HDのどちらにしようか悩んでいます
二つの違いと評価を教えてくれると嬉しいです



[#19]
>>#18
1番の違いは充電ケーブル
Q30HDは普通のマイクロusbで、Q35HDはマグネット式

Q35のマグネットの方が装着が手軽で、防水規格も一段階上だけど
特殊ケーブルだから基本1本しか用意できないのはデメリット
家用、持ち運び用とか分けたいならマイクロusbの方が良いかもしれない

音質は似たような感じだけど、Q30HDの方が低音重視な感じはあるかな
まあ充電がどっちが好みかだけで選べば良いと思う



[#20]
Q30HDは低音ホンと言われてて実際その通りだけど
Q35と同じく中高音強めのサウンドピーツの音でもあるな





通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:aptX HD/aptX/AAC、連続再生時間:約14時間、重量:15g、という仕様。Qualcomm QCC3034のBluetoothチップ採用、10mm径ダイナミックドライバー搭載、IPX7の防水性能、イヤホン同士を着脱できるマグネット内蔵、インラインリモコン/マイク搭載、イヤーピース5セット・イヤーウィング3セット・ケーブル用バックル・ケーブルクリップ・収納ケース付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音質は低音重視と謳っているだけあって低音の量感が半端ない、Q35 HDとの違いは充電方法と防水性能の2点で他はおそらく一緒だが低音はこちらの方が強いかも、同価格帯にはTaoTronicsの「SoundElite 71」(AA)があって低音を求めるならこっちでスッキリ聴きたいならあっち、イヤーピースは別途用意して合わせないと真価を発揮できないかもしれない、といった内容。

この「Q30 HD」は現在3,000円台の価格で販売中。価格に関してはいつもどおりセールやクーポンで変動がありますから、いつが買い時かはタイミング次第。Q35 HDの方は最高クラスの防水性能を実現するために専用クレードルを導入していたようなもので、そのクレードルがなければ充電できないというデメリットがあり。防水性能はIPX7でも十分だと思いますから無難に使いたいのであればこちらの方がいいかもしれませんね。




SoundPEATS(サウンドピーツ)
売り上げランキング: 18