FiiO、aptX HD/LDAC対応のネックバンド型Bluetoothレシーバー『LC-BT2』

FiiO_LC-BT2_01.jpg


海外で発表があったFiiOのレシーバー「LC-BT2」。
UTWS1」の後にリリース予定となっていたネックバンド型のBluetoothレシーバーが先日行われたイベントで出展されていた模様。明確な製品情報はまだ出ていませんがaptX HD/LDACコーデックに対応しているとのことです。

FiiO Bluetooth Products
https://www.fiio.com/bluetooth_products





FiiO_LC-BT2_02.jpg



FiiO_LC-BT2_03.jpg



FiiO_LC-BT2_04.jpg



FiiO_LC-BT2_05.jpg


展示されていた実機や関係者のコメントで判明している点は、Qualcomm CSR8675のBluetoothチップ採用、aptX HD/LDACコーデック対応(HWAは非対応)、シンプルなネックバンドユニット、自社のイヤホンに向けたMMCXコネクタ採用、USB Type-Cのインターフェイス採用、各設定が行える専用アプリあり、2020年1月リリース予定、など。

ネックバンド型で高音質コーデックに対応したBluetoothレシーバーといえばSENNHEISERの「IEN BT」(AA)が最近リリースされましたが、あちらはSENNHEISER用と言える仕様なのでMMCXコネクタを採用したこちらの方が汎用性あるでしょうし価格も安いはず。それにこのクラスのネックバンド型は数少ないですから期待の星になりそうです。

<関連記事>FiiO 『LC-BT2』 画像など ~最高峰クラスのネックバンド型Bluetoothレシーバー~


FiiO
売り上げランキング: 5845