【イヤホン】オーディオテクニカ 『ATH-CK3TW』 レビューチェック

ATH-CK3TW_01.jpg


2019年11月に発売されたオーディオテクニカのイヤホン「ATH-CK3TW」。
ATH-CKS5TW」に次ぐ完全ワイヤレスイヤホンでQualcommのBluetoothチップ採用によるaptXコーデックやTrueWireless Stereo Plusの対応、それにタッチセンサーボタン搭載などを特徴としているモデル。ちょっとチェックしてみます。

ATH-CK3TW|イヤホン|株式会社オーディオテクニカ
https://www.audio-technica.co.jp/product/ATH-CK3TW



画像


ATH-CK3TW_02.jpg



ATH-CK3TW_03.jpg



ATH-CK3TW_04.jpg



ATH-CK3TW_05.jpg



ATH-CK3TW_06.jpg



ATH-CK3TW_07.jpg



ATH-CK3TW_08.jpg



ATH-CK3TW_09.jpg
(via ptt)

各所の反応


[#1]
オーテク、1.3万円の完全ワイヤレスイヤフォン
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1208100.html



[#2]
こういう形のTWSって世に溢れてるけど同じとこのODMだったりするのかな
個人的にまったく食指が動かないんだけどオーテクってだけで売れるんだろうか



[#3]
CKS5TWは18,000円くらい、電池も15時間持つ
それに対してCK3TWの13,000円はなんかバランス悪い、電池6時間だし
CK3TWが電池10時間とかもしくは価格10,800円くらいならまだバランス的にわかるんだが



[#4]
オーテクCK3TWの実機の先行展示があったので聴いてみたが
低音が変な強調していて、それが何かイヤ
それ以外はなかなかいい
ケースもこれまでのオーテクの無駄にデカいケースよりはマシ
(もうちょっと小さくできる気もする)

CKS5TWではホタルだったのがCK3TWは再生中はLED光らなくなった
もともとCKS5TWもCK3TWも白LEDで光り方はかなり地味だけどね
USB-Cとかタッチ操作とかなかなか良かった



[#5]
一般向けには悪くないけど、今となっては1万3千円はチョイ高いかな
CK3TWにするならもう少しお金出して電池15時間のCKS5TWにするだろって感じ



[#6]
ATH-CK3TWひそかに期待してるんだが忙しくて視聴にもいけない…



[#7]
>>#6
CK3TW試聴してきました
本来のオーテクの音でタッチセンサーも良好
この価格帯では一番良いのでは?
もう少し安かったらもっと売れると思いました



[#8]
今の値段でCK3TWにするくらいならCKS5TWにするだろ
もっと値下げしてからだなCK3TWは
ケース、カラー、操作性、音などは並(良い意味で)
1万円くらいにしたら売れるだろうな



[#9]
>>#8
うーん。サイズ感とか、余計な低音いらない人とか、需要あるかなぁと。
確かに1万切ってほしい願望はあるけど。



[#10]
ATH-CK3TWって片側モノラルモード無いのね・・
まぁ調べずに買うのが悪いけど



[#11]
オーテクの普及価格機のCK3TW
音が低音の変なとこブーストしててそれがイヤでパスした
低音出すにしても低音全体を自然に出せばいいのに



[#12]
ATH-CK3TW買ったけど
なんか洞窟エフェクトかけたみたいな音だな





通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:aptX/SBC、連続再生時間:約6時間、充電時間:約2時間、ドライバー:5.8mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、出力音圧レベル:98dB/mW、インピーダンス:16Ω、重量:約4.7g、という仕様。イヤーピース4セット付属。カラーは計4ラインナップ。

高音質を凝縮した小型ドライバー、IPX2の防水性能、タッチコントロールボタン搭載、耳の着脱で再生/一時停止を自動的に行うAUTO PAUSE/PLAY機能、ケースの出し入れで電源ON/OFFが自動的に作動、安定した接続を実現するTrueWireless Stereo Plus対応、Siri/Googleアシスタント対応、最大4回分の充電可能&USB Type-C採用のバッテリーケース、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音は低音が強調されていて不自然に聴こえるかもしれない、それ以外で気になる点は特になく及第点が出せる、タッチコントロールボタンの感度は良好、ケースが同社比でコンパクトになっているのも良い、モノラルモード=片方だけの使用は不可、現状の実売価格だとまだ割高感がある、といった内容。

この「ATH-CK3TW」は現在12,000円台の価格で販売中。基本と言える基本は押さえていて好みが分かれそうな音質を除けば特に悪いところもなさそうですが、この価格帯の中では強調できる要素が見当たらず決め手に欠けると思うのが正直なところ。また、実質上位のATH-CKS5TWと実売価格が同じくらいですから、もっと安くならないと厳しいでしょうね。




Audio Technica(オーディオテクニカ)
売り上げランキング: 741