ロジクール 『G604 LIGHTSPEED』 レビュー ~多方面で活用できるワイヤレスゲーミングマウス~

Logicool_G604_LIGHTSPEED_01.jpg


2019年11月に発売されたロジクールのマウス「G604 LIGHTSPEED」。
HERO 16Kセンサーや高速スクロールホイールそれに計15個のプログラマブルボタンを搭載したMMO/MOBA向けのワイヤレスゲーミングマウスで、「G602」の実質後継機になるであろうモデル。実機を試す機会をいただいたので今回は自分なりのレビューでもしてみます。

ロジクールG604 Lightspeedワイヤレス ゲーミング マウス
https://gaming.logicool.co.jp/ja-jp/products/gaming-mice/g604-lightspeed-wireless-gaming-mouse.html



製品概要


Logicool_G604_LIGHTSPEED_02.jpg


まずこのマウスの製品情報をおさらいしておくと、通信方式:2.4GHz(LIGHTSPEED)/Bluetooth、センサー:光学式、解像度:100-16000DDPI、トラッキング速度:400IPS、最大加速度:40G、バッテリー:単三電池1本、電池寿命:約240時間(LIGHTSPEED)/約5.5カ月(Bluetooth)、サイズ:幅80x奥行き130x高さ45㎜、重量:135g、という仕様。

トップグレードのHERO 16Kセンサー採用、ゲーミンググレードの無線技術・LIGHTSPEED採用、プログラム可能な15ボタン搭載、メインクリックに金属バネを導入したメカニカルボタンテンショニングシステム、スピン/ラチェット切替可能&チルト式の金属スクロールホイール、32ビットARMプロセッサ・オンボードメモリ内蔵、などが特徴。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_03.jpg


内容物はマウス本体・USBレシーバー(本体収納済み)・USBケーブル・乾電池・ガイド類・保証書・ステッカー、など。どういうものかは公式サイトの製品情報とガイド類、それにインストール後のソフトウェアを見れば大体わかるでしょう。

外観・各部の詳細


Logicool_G604_LIGHTSPEED_04.jpg


◆表面・・・・表面はメインクリックの前方・ラバーコーティングの中央・バッテリーカバーの後方という3つに分かれた構造。メインクリックとバッテリーカバーの前後は同じ材質でサラサラした手触りの質感。ラバーコーティングの中央は程よいグリップが効いている。メインクリック左端にはDPIアップ/ダウンが割り当てられた2ボタン、ホイール下にはホイールのモード切替ボタンと通信方式の切替ボタンが搭載。ホイール前後のパネルは光沢パーツが使われている。カラーリングはその光沢パーツを除いてマットブラックと言える黒一色。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_05.jpg


◆裏面・・・・センサーは中央・中心と言える位置に搭載。その右隣には電源スイッチが搭載。ソールは前後左右&中央の5か所に搭載。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_06.jpg


◆左側面・・・・前から後ろにかけての形状は緩やかな湾曲。中央部の高さはそこまで盛られている感じでもなし。表面中央と同じくラバーコーティングされたパネルが大部分を占めている。細長く立体的な形状のサイドボタン6個は本体の形状と同じ湾曲の配置。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_07.jpg


◆右側面・・・・左側面と同じくメインクリックとバッテリーカバーを除いた部分はラバーコーティング。表面との継ぎ目はちゃんと処理されていて段差はまったくないシームレスな作り。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_08.jpg


◆前方・・・・先端は尖っているけれども極端な形状では無し。バッテリーは乾電池なのでUSB端子は非搭載=有線接続には非対応。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_09.jpg


◆後方・・・・左右非対称で左から右に下っている形状だけれども、前述のとおり極端な形状ではないので高いとか盛っているとかは感じず。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_10.jpg


◆トップカバー・・・・前方~中央~後方の継ぎ目はわずかな隙間ができているので、手垢が出やすい人はここに溜まるかもしれない。ラバーコーティングは粒々に加工されている部分の方がグリップはより効いている。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_11.jpg


◆ホイール・・・・重厚な金属製。良く言えばスピンでもラチェットでも安定して回るタイプ、悪く言えばG502のワイヤレスモデルでは採用されなくなったオールドタイプ。それに同じ高速スクロールホイールでも同社の「MX Master 3」で使われているものとは別物で性能は劣ります。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_12.jpg


◆+/-ボタン・・・・メインクリック左端に備わるボタン2つはメインクリックともサイドボタンとも違うクリック感。重くはないけれども少し硬いカタカタとした感触。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_13.jpg


◆切替ボタン・・・・ホイールの方は結構出っ張っている形状で押すストロークも深くガチっとした感触、ボタンよりもスイッチと言った方が正しいかも。通信方式の方は逆に形状もストロークも浅くてカチカチっとしたクリック感。通信方式の切り替えはBluetoothが長押し、LIGHTSPEEDがホイールの方と同時押しで作動。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_14.jpg


◆インジケータ・・・・切替ボタンの下にある丸い点がインジケータになっている。通信状態・DPI・バッテリー残量が色によって判別可能。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_15.jpg


◆サイドボタン・・・・6個それぞれが違う形状で細く立体的になっている。スイッチはタクトスイッチが使われていてカタカタもしくはコトコトっとした感触。使用感については後述。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_16.jpg


◆サイドパネル・・・・トップカバーの項目と同じ事を言いますが粒々に加工されている部分はグリップが効いていて、薬指・小指が滑る事はないかと。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_17.jpg


◆ロゴ・・・・表面中央部の右側に入っているロゴ、ここも一応光沢パーツになるのかな?。でもそんなにテカっておらず主張はそんなに強くない。このモデルはLED非搭載なので当然光りません。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_18.jpg


◆センサー・電源ボタン・・・・センサーは前述のとおりど真ん中にありますから、位置に関して言う事は特になし。電源ボタンも持ち上げて一指で操作できますから何も不満なし。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_19.jpg


◆ソール・・・・前後左右の4ヶ所は特徴的でここだけ立体的になっている。考えられるメリットはソール以外の部分が擦れない作りになっている事でしょうか。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_20.jpg


◆バッテリーカバー・・・・着脱はマグネット式で下から少し持ち上げれば簡単に取り外し可能。内部は電池収納部とレシーバーポケットがあり。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_21.jpg


◆レシーバー・・・・G604と刻印されているので専用品でしょうか。他のワイヤレスゲーミングマウスと同様にUnifyingは非対応。あと、このレシーバーはBluetooth用ではないので、PCでBluetooth接続するなら別途で必要。

ソフトウェア


Logicool_G604_LIGHTSPEED_22.jpg


ソフトウェアは最新版となるLogicool G HUBを使用。以前のものでは多分認識しないでしょう。インストールの際にファームウェアの更新も行われ、その後も1回ほど新たな更新があったのでソフトウェアやファームウェアはこの先もすべて自動でやってくれると思います。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_23.jpg


トップ画面はデバイスを選択する項目。キーボードやヘッドセットなど他に接続していれば並んで表示されるのではないかと。また、デバイス下にはバッテリー残量も目盛りで表示されます。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_24.jpg


デバイスを選択すると割り当ての項目に移動。左側に基本操作・ショートカット・マクロ・起動アプリを選ぶ一覧が表示される。右側は割り当てが可能なボタンが一覧表示され、そのカスタマイズはクリックして選んでいくのとドラッグ&ドロップでも可能となっています。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_25.jpg


左右の矢印ボタンを押すとサイドボタンに切り替わり、カスタマイズの方法は以下同文。下にはデフォルト⇔Gシフトの切り替えスイッチがあり、切り替えるとGシフト用のカスタマイズに表示も切り替わります。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_26.jpg


マクロの登録は[新しいマクロを作成]をクリックすると登録画面に切り替わり、まずは名前を作成。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_27.jpg


名前の作成後にマクロを組む画面へと変わり、組むキーを選んでいくとそれが表示されていく。ディレイの数値は事前に設定する事が可能で、後から修正する事も可能。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_28.jpg


左端2番目のボタンを押すと感度(DPI)の項目に切り替わる。ここでは4段階で選択できるDPIの設定やレポートレート=ポーリングレートの設定が可能。そのDPIの設定は数値の部分をクリックして打ち込んで入力する方法と、マークをクリックしたまま横に移動して数値を選択する方法があり。数値は100-16000の範囲を50刻みで設定可能。あと、DPIの4段階は色分けされていますが設定変更時にその色がインジケータで点灯します。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_29.jpg


右上のギアマークを押すとファームウェアのバージョン、Bluetooth接続の設定、オンボードメモリ/プロファイルの設定、の項目に移動。ここを表示する事は滅多にないかと。・・・・ソフトウェア自体はインストール当初ちょっと見づらい感もありましたが、慣れればそう感じる事もなくなったでしょうか。精度は最低限の設定で済ますような人なら特に問題なく使えるはず。複雑なマクロを組むような追及する人ならどこかしらに粗を感じるかもしれない。自分はマクロの設定時に画面がころころ変わったりするところにちょっと使いづらさを感じるかなと。あと、ディレイの数値を0msにしても発動が他社のソフトウェア(=Razer Synapse)に比べて微妙に遅い気がする。改善の余地はいくつかあると思います。

実重量と軽量化の実践


Logicool_G604_LIGHTSPEED_30.jpg


重量に関してはバッテリーが乾電池なので工夫次第では軽量化が可能。まず実重量を量るとして電池抜きの本体は約112gの結果に。この時点でも同社の現ラインナップでは一番重いワイヤレスモデルだったりする。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_31.jpg


付属のアルカリ単三電池は量ってみると約22gの結果に。ちなみに容量は本体に記載されていませんが、調べてみると1500mAhっぽい。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_32.jpg


マウス本体+付属電池の実重量は約135gの結果で公称どおり。最近のワイヤレスゲーミングマウスでは重い部類に入るというか一番重い存在ではないかと。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_33.jpg


で、どう工夫して軽量化を実現させるのかは単四電池と変換スペーサーを使用する。単四電池は確かリチウム乾電池が軽くて容量も確保できるのですが、ランニングコストが馬鹿にならないので今回は容量の異なる充電池を3つほど用意。変換スペーサーも種類はいくつかあって重量が微妙に違っていたりもする。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_34.jpg


充電池の重量を量っていくと容量950mAhの大容量タイプは11.8gの結果。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_35.jpg


続いて容量750mAhの標準タイプは10.8gの結果。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_36.jpg


容量が一番少ない550mAhのライトタイプは9.7gの結果。容量が同じでも製品によって重量はわずかに違ってくるかもしれませんが、容量に比例して重量も変わってくるのが判明。充電池でこれ以上軽い=容量が少ないものは見かけませんでしたから、550mAhのライトタイプが最軽量となるでしょう。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_37.jpg


続いて変換スペーサーはキャップタイプとカバータイプの2種類あり。半透明のキャップタイプは4gの結果。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_38.jpg


カバータイプは3gの結果、わずか1gの差でも今回の軽量化では大きい。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_39.jpg


一番軽いもの同士で組んでマウス本体と合わせた重量は約126gの結果、乾電池の工夫次第では9~10g軽くできるという事に。ただし容量を削る形で軽量化を実現しているので、電池寿命は単純計算でも公称の1/3くらいになりますから要注意。でもこのマウスで上記の重量差は数字以上の違いを感じますし、電池寿命が短くなっても乾電池ですから予備を用意しておけますし、電池交換は10秒もかからないのでそこまで苦にはならないとも思う。デメリットよりメリットの方が大きいでしょう。

使用感


Logicool_G604_LIGHTSPEED_40.jpg


マウスを握るスタイルは”かぶせ持ち”が適している。他のスタイルでも使える事は使えますがサイズ・形状や重量から考えて”かぶせ持ち”が最適解でしょう。指のポジションで特筆すべき点は親指の位置。サイドボタンが良いストッパーになって親指を固定できるので、残後左右に動かす際も持ち上げる際もしっかり持つ事が可能。薬指・小指もサイドパネルの形状とグリップがいい感じなので、全体的に至って良好です。重量は上記の軽量化を実践した場合なら許容範囲かなと。自分の場合は最近これより重いMX Master 3を普段使いに常用していたので、以前なら重量の数字を見た時点で選択外になっていたでしょうけど今なら実用に問題ない重さだと思います。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_41.jpg


センサーはMouseTesterでも使って検証するのが一番なのでしょうけど、最近のトップグレードはどれも比較的安定していて検証で差が出てもそれを体感できる人はなかなかいないと思いますし、このマウスはMMO/MOBA向けのジャンルから考えてそこまでシビアにならなくてもいいとも思うので、検証云々は他所の人に委ねます。体感ではポーリングレート1000Hzでも安定していて何かしら引っかかるような感じもない。ポーリングレートはZOWIEのサイトにあるMouse Rate Checkerで検証すると、ちゃんと~1000Hzで計測される。リフトオフディスタンスは調整できないけれども2mm以下なのは確実と思えるくらいかなり短い。何ら不満なく使えてます。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_42.jpg


メインクリックの感触はメカニカルボタンテンショニングシステムが導入されている事もあって、硬くもなければ柔らかいというわけでもなくストロークは深くも浅くもなくて、なんというかちょうどよくて無難な感じ。クリック感にムラがないとも言える。普段からスイッチの型番を名指しで好き嫌い言っているシビアな人でなければ十分に思える品質でしょう。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_43.jpg


ホイールはラチェットのモードだと金属製特有のゴリゴリした感触で一つ一つ回っていく、重厚だけに回転は少し重くも感じる。前後のスクロールは安定しているけれどもチルトが備わっているので、横に揺らすとガタつきが多少なりあります。スピンのモードは逆に重厚さをまったく感じさせないほどスムーズに回転する。思い切り回せば10秒くらいは回転し続けます。高速スクロールホイールとしては十分に実用的な出来だと思いますが、上記で挙げたMX Master 3で使われている最新のタイプに比べると古いタイプって感じもします。一般向けのマウスとゲーミングマウスで使われているホイールは以前から違うので、比べるのがそもそも不毛かもしれませんけど。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_44.jpg


サイドボタンはサイドパネルから少し出っ張っている立体的な形状で、これが意外と押しやすく各ボタンの判別もしやすい。配置的に前方・中間の4つは指先で楽に押せるけれども、後方の2つは指を曲げないと届かない。でもIP関節あたりで押し込む事もできますから、それに慣れればすべてのボタンが押しやすいと言えます。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_45.jpg


ソールの滑り具合は良いと感じるけれども本体が重いので、そもそもこのマウス自体があんまり滑らない作りという感じでしょうか。ローセンシでぶん回すタイプとは真逆を行くものですから、滑りに関してシビアになる人はいないとも思います。


Logicool_G604_LIGHTSPEED_46.jpg


本体のサイズ・形状は先代のG602と似ているように見えても意外に違うようなので、G602がドンピシャに合ってた人はこちらが合わないという可能性もあるでしょうし、G602が大きすぎて合わなかった人はこちらが合う可能性もあると思う。自分の場合G602は大きさよりも形状がどうも合わなくて結構前に手放しましたが、これは最初から手にしっくりきた。同社のゲーミングマウスだとMX518寄りではないでしょうか。形状も握るポジションも若干違うけれどもMX518系が好きな人なら合いそうな気もします。

総評


Logicool_G604_LIGHTSPEED_47.jpg


最後にまとめる形で感想を。このG604は同社の現ラインナップ(G502・G703・G903・GPW)とは同じ土俵に上がらないワイヤレスゲーミングマウスだと思います。センサーをはじめ主要パーツや技術は同じものを使っていてもマウスのタイプはまったく異なる。他のワイヤレスモデルは最近のeSportsシーンやトレンドに対応するかの如く刷新されていますが、これは従来のスタイルを変えずに進化しているという感じ。あと、通信方式が2.4GHz/Bluetoothの両対応だったりバッテリーが乾電池だったり、そういった点を見ると普段使いも重視していてゲームジャンルだけでなく用途自体も別路線なのは明白。

なので存在価値があるかないかは各自の使い方によると思いますが、ワイヤレスゲーミングマウスを普段使いで常用している人には最適な候補となる可能性を秘めているとも思う。例えば今は亡きG700はゲーミングマウスでも普段使いの用途で多大な人気を得ていたと記憶、これはそれに通ずるものがあって普段使いの方が重宝するかもしれない。見方によってはMX Master 3より多機能で軽量ですから、こちらの方がいいと感じる人は一定数いるはず。ゲームプレイもMMOやアクションRPGなど適したジャンルで使うなら優秀な部類に入るでしょう。基本スペックはトップグレードのものを備えていますし。

しかしながら昨今のワイヤレスゲーミングマウスとして130g超の重量は客観的に見るとあまりにも重く、そこがやはり取捨のカギになりそう。軽量化を実践しても重量級の枠から外れるレベルではなく、重くないと言えば嘘になる。G502のワイヤレスモデルが有線モデルより軽い114gを実現していた事も考えると、こっちももう少し頑張ってほしかったかなと。その重量がネックにならないのであれば大いに推奨できますし、多方面で活用できるワイヤレスゲーミングマウスと高く評価したいところです。自分の場合はゲーム用と普段用を使い分けなくてもよくなるので、これをメインに使っていきそうです。




Logicool(ロジクール)
売り上げランキング: 5