Razer、光学メカニカルキーボードの廉価モデル『Razer Huntsman Essential』

Razer_Huntsman_Essential_01.jpg


海外で発表があったRazerのキーボード「Razer Huntsman Essential」。
独自の光学メカニカルキースイッチ”Razer Opto-Mechanical Switch”を採用したゲーミングメカニカルキーボードで知られるHuntsmanシリーズの廉価モデル。部分的にグレードダウンしていて価格は少し抑えられています。

【キーボード】Razer 『Razer Huntsman』 画像など
https://watchmono.com/blog-entry-8730.html





Razer_Huntsman_Essential_02.jpg



Razer_Huntsman_Essential_03.jpg



Razer_Huntsman_Essential_04.jpg



Razer_Huntsman_Essential_05.jpg



Razer_Huntsman_Essential_06.jpg



Razer_Huntsman_Essential_07.jpg



Razer_Huntsman_Essential_08.jpg


104キー英語配列のフルサイズ、光学キースイッチ”Razer Opto-Mechanical Switch”採用、グリーンのキーバックライト搭載、ABS製/キーバックライト透過型のキーキャップ採用、フローティングデザイン&アルミ製トップカバー採用のフレーム、メモリとクラウドで保存するハイブリッドストレージ、10キーロールオーバー対応&アンチゴースト機能、統合ソフトウェア・Razer Synapse 3対応、サイズ:幅445x奥行き141x高さ37mm、重量:840g、公開されていた主な仕様・特徴は以上。

キースイッチは通常モデルと同じものが使われており、上記の仕様から察するに違いはキーバックライトが単色になっているくらい。価格は通常モデルより1割ほど安い設定。参考に通常モデルは日本だと現在16,000円台でその1割安だと14,000円台、”Essential”の立ち位置にしてはそんなに安くないと思うのが正直なところでしょうか。ただ、現時点で公式サイトに製品情報は掲載されていない状況ですし、正式な発表がある時には価格面に変化があるかもしれません。

<関連記事>【キーボード】Razer 『Razer Huntsman Essential』 画像など


Razer(レイザー)
売り上げランキング: 237