【イヤホン】AudioSense 『T800』 レビューチェック

Audiosense_T800_01.jpg


海外で発売されているAudioSenseのイヤホン「T800」。
中華系の界隈で知られるAudioSenseの製品ではフラッグシップとなるイヤホンで、Knowles製のバランスドアーアマチュアユニットを合計8基も搭載しているという驚異的なスペックが特徴のオクタBAモデル。ちょっとチェックしてみます。

AudioSense T800 | audiosense
https://www.audiosense.cn/product-page/audiosense-t800



画像


Audiosense_T800_02.jpg



Audiosense_T800_03.jpg



Audiosense_T800_04.jpg



Audiosense_T800_05.jpg



Audiosense_T800_06.jpg



Audiosense_T800_07-.jpg



Audiosense_T800_08.jpg



Audiosense_T800_09.jpg



Audiosense_T800_10.jpg



Audiosense_T800_13.jpg



Audiosense_T800_11.jpg



Audiosense_T800_12.jpg




各所の反応


[#1]
T800今日届いた
めっちゃ良いよ



[#2]
>>#1
中華BA使ってないのに8ドライバ300ドルってコスパ凄いな
音のバランスはどう?
変にボーカルが遠くなければ欲しい



[#3]
>>#2
バランスとしては少しだけ低音よりのほぼフラットかな
全体的に音質がめっちゃ良くて、こもったりぼやけてる音域がない
中高音すごい綺麗に出てるし、低音もよく鳴っててタイト
ボーカルも近いし、EQで高音出して自分好みにしてる
これまじで3万クラスとは思えない



[#4]
あと、装着感よくて遮音性高い
音が良くても装着性悪くてあまり付けたくないイヤホンたまにあるから
自分の中で結構重要なポイントなんだけど、これは良い
音も装着性も両方満足してる



[#5]
T800いいよね。
T300が良かったんでちょい無理して買ったけど、伸びしろ大きすぎてびっくりした。



[#6]
oxygenかなり気に入ってるダイナミックだけだと飽きるから
上で話題になってたAUDIOSENSE T800ポチっちゃった到着楽しみ



[#7]
T800はAUDIOSENSEの中でもT180の1baからT800までちゃんとヒエラルキーな音がする。
買って良かった。



[#8]
5時間ほどT800使った感想書くね

使用環境 WM1A 付属アンバランスケーブル
所有機種 oxygen LZ-A6 DT1770pro

帯域バランスは低域>中域>高域のピラミッドバランス
低域はダイナミックぽいかなり沈みこむ柔らかい低音が出る
量はかなりあってダイナミック型のoxygenより出てて
これ以上多くしたらボーカルが遠く感じるだろうなってギリギリくらい
中域はボーカルの位置は近くも遠くもない普通の位置で
綺麗になる低音が多いからといって被っている訳ではないあたり絶妙なチューニング
楽器隊は解像度高めに綺麗になる
高域は量は少ないけど分離はしっかりしてる
刺さりは皆無

全体的に解像度は高く低域の押し出しが強い音
自然で繋がりが良いのでシングルダイナミック好きの人にもオススメできる

ただこの感想は出力が弱いWM1Aのアンバランス出力での感想で
出力だけは強い安物のオーディオインターフェースに繋いで聞いてみると
低域は制動されて高域も前に出てきてかなりフラットに近くなった
その代わり若干サ行が刺さる曲もでてくる

まとめると

低音が好きで濃い音が好きな人は買った方が良い
再生機器の出力が弱くて低音が苦手な人は止めた方が良い

mmcxの4.4mmケーブル届いたらWM1Aの出力があるバランス試せるからまたレビューするね



[#9]
>>#8
低音については量感はあるけど
キレや分離が良いタイプじゃないみたいね



[#10]
>>#9
いや分離は良いよベースの音a6とoxygenより聞き取りやすいし
でもキレは再生機器の駆動力次第ってところ
wm1aのアンバランスだと微妙だけどUR22mk2だと全域キレキレでやばい



[#11]
つられて、T800買っちゃった
ボーカルが魅力的
まだ2時間くらいだけど、メイングループ入りしそうな感じ
ケーブルとイヤーピースでかなり音が変わるので面白い
AUDIOSENSEって下位機種はwestoneのパクリだけど
こいつは何をリファレンスにしてるんだろ



[#12]
>>#11
俺もT800には満足してて音をこれから追いこんでいきたいから
参考までに構成きまったら教えてくれ



[#13]
>>#12
イヤーピースで良さそうだったもの
CP100Z AET07 SpiralDot++
ダクトが短めで、太さがそこそこあれば概ね問題無いけど
どれがベストかというと難しい。
音場の広さをとるならSpiralDot++だと思う。それぞれに一長一短
今はAET07を使用中
ちなみにSednaEarFitは3種類ともいまいちだった。

ケーブルの癖を素直に出すイヤホンなので、好みで決めて良いと思う。
最近はYinyoo 16芯 単結晶銅 2.5mmバランスを
ほとんどのイヤホン・DAPでこれを使ってる。



[#14]
実際T800てどうなんよ?
ノウルズカスタマイズとかいう中高音ドライバー
本当にノウルズ製なのかね?



[#15]
>>#14
3週間ぐらい使った感想はt800は凄い良いイヤホンだよ
装着間、遮音性は完璧、音質なら低域、中域は音像が大きくて
かなり立体感のある鳴り方をするから密閉型ヘッドホンに近い鳴り方で
迫力あるしボーカルもめっちゃ近い

欠点はa6やoxygenのような金属筐体特有のスカッと抜ける高域じゃなくて
やや物足りないくらい

それに8ba全部にknowls使ってて3万円の破格の安さだから
大幅なセールはないんじゃないかな



[#16]
Rose BR5 Mk2と比較してどう?



[#17]
>>#16
BR5 mk2持ってないし試聴も昔一回したっきりだからあんま覚えてない...
まぁレビュー読んだ感じ中高域よりで低音は十分でてるけど沈みこみが浅い感じかな?
だとするとT800は逆かな低中高域全部まんべんなく厚みのある音で
10万超えと比較できるレベル

特に低域の沈みこみは下手なダイナミック型より凄い
だけどハイハットとか金物の最高域の伸びは少し弱くて1段落ちるイメージ
基本的に中華ドライバ的な粗さは一切感じないからknowlsなのは本当だと思う



[#18]
>>#17
andromedaより良い?



[#19]
>>#18
試聴ついでにアンドロメダとBR5mk2聞いてきた
アンドロメダとT800の音作りはかなり似ててほぼ同レベルにあると思う
個人的にT800はアンドロメダの低域を少ししっかりさせて
若干モワついてる中域をクリアにした感じかなと思う
まぁケーブルとイヤーピースが違うからなんとも言えないけど

BR5mk2との比較は概ね変わらない
ただ、BR5mk2は高域にキツイピークが感じられたのと
少しザラつきを感じたので全体的な音はT800が1,2ランク上に感じる



[#20]
t800の尼レビューみたら5人中2人が刺さりを感じた的な事書いてるんだがどうなの
うち1人は良いイヤホンだけど視聴できたなら買わなかったみたいなこと書いとる



[#21]
>>#20
今の自分のセッティングだと刺さらないから組み合わせ次第だと思う
初期ケーブルだと確かに特定の楽曲でサ行が刺さることはあった
head-fiにも書かれてるけど銅線にすると問題なくなるらしく
多分それで銅線ケーブルを後から付属してるんじゃないかと推測してる



[#22]
DAPとの組み合わせがかなりあると思う。
FiioのM11だと安い銀コート線でかなり広域が耳障り。
M5だと同じ線でちょうどよいくらい。



[#23]
ER4からkinboofi mk4に乗り換えて感動した者です。
感動に飽き足らず、さながらイヤホン泥沼に足を踏み入れた感も否めないのですが
早くも次なる高みを目指したくなってしまう今日この頃です。
ステップアップするとしたら、やはりT800あたりに行くのがいいのでしょうか?



[#24]
>>#23
T800の音質レベルはかなり高いけど低音がはっきり強めに出るんで
低音がタイトなER4Sとは傾向が違うからステップアップにはならないと思う
使い分けならたぶん出来る



[#25]
実際T800の出来はFH7と並んで凄くいい
この二つ以上が欲しいなら20万出さないと無理



[#26]
T800とLZ A6どちらが良いですか?



[#27]
>>#26
LZA6手放しちゃったけど記憶を頼りにするなら
開放感はLZA6が上
解像度は同じくらい
歌ものに対するバランスの良さは圧倒的にT800
低音が低いとこから出てるのもT800



[#28]
T800はa6だと刺さる曲が刺さらない
ボーカルはa6より少し遠く感じるけど
a6は近すぎる気がするので丁度いい
低音はa6の赤ノズルよりも若干出てる
高音とボーカルの近さ重視で刺さってもいいならa6でそうじゃないならT800
あとフィット感はT800が圧倒的に上



[#29]
T800の実機はデザインが地味だ
中華イヤホンにありがちで高級感の感じられない
カーボン調のプレートにシェルは曇り空のような薄暗い色
だが悪目立ちしないという利点も有る



[#30]
T800で多ドラ沼は終わったけど
ダイナミックとハイブリッドにもそれぞれ別の良さがあるから
沼は終わらない



[#31]
T800は中華多ドラに多いウォーム系?



[#32]
>>#31
低音が若干多めだけどフラット寄りだと思う。籠った感じとかは無いよ。
ただ、アンプとケーブルで(特にアンプ)物凄いバランスが変わる。
AK380直だとピラミッド、SP1000+外付けAMPだとフラット寄り
IPhone11直だと上がかなりシャリシャリした。



[#33]
気になりすぎてT800購入
Amazonで買ったら追加の関税はなしで
開けたら外装に茶色の8芯ケーブルがおまけでついてた。

高音から低音まで満遍なく分離良く鳴ってて
刺さりもなく基本ケチつけるところがない。
コンプが掛かったみたいにユルいところが全くなくて
BAなのに低音やアタック感が強いのが印象的。

br5mk2やxelentoと比べると音場が近く感じて
低音・アタック感もあるから聴き疲れはするかも。
女性ボーカルや弦の音、スッキリ感はbr5mk2の方に軍配。
まとまりや自然さならxelento。

イヤピとかで音場広く出来るのかな?
出来たら同価格帯でも最高にいいチョイスの1つだと思う。



[#34]
T800は1音1音の音像が近くてデカイ
だから聞き疲れはするけど奥行きはあるし
分離がしっかりしてるから広さ自体もそれなりにある
ステージよりも一歩引いた場所でリラックスして聞きたいのを
音場が広いというならそれではない



[#35]
T800届いた
思ってたより正統派の音でびっくり
16芯単結晶銅ケーブルでリケーブルしたら高音うるさいとかはないな
MK4とも使い分けできそうで良かった



[#36]
T800届いた
中華のロジスティック年々進歩してるな
箱出しから満足
やっぱケーブルで変わるね



[#37]
自分はT800を30分くらい使うと耳痛くなった
装着感自体はかなり良いんだけどね
イヤピはスパイラルドット++で良い感じ



[#38]
>>#37
某所に上がってた周波数特性を見ると
歯擦音は抑えられてるけどその後は比較的高いから
刺さる人には刺さるようだ



[#39]
T800はdapのみではきついですか?



[#40]
>>#39
キツイの意味が良く分からないけど
8Ωという低インピなので高出力のアンプだと音が歪むらしい
まぁ通常はDAP・スマホ問わずしっかり鳴ってくれると思うよ



[#41]
T800届いた
肝心の音については箱だしの状態でも好きな音
音の分離が良く細かな音が聞き取りやすい
低音はブーミーさがなくベースもキック音もキレがある
ボーカルは比較的近いが同時に楽曲がしっかり聴こえるので好き嫌いはあるかもしれない
サ行の刺さりなどは感じないので聴き疲れしにくいのではないか

イヤホンはレジンなので重くはなく
冬場でも金属イヤホンみたいにヒンヤリすることもなく
長時間聴いても楽ではないかと思う

3万円を切る価格で買えたので概ね満足
今まで聞いた曲を聴き直していくのが楽しみだ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドライバー:バランスドアーアマチュアx8、再生周波数帯域:5 - 22,000Hz、インピーダンス:9.2Ω、感度:90 dB/mW、ケーブル長:1.28m、重量:5.5g(本体のみ)、という仕様。Knowles製のバランスドアーアマチュアユニットを8基搭載(高音用のSWFK-31736・低音用のHODVTEC-31618・中高音用のカスタム)、人間工学に基づいて3Dプリンターで設計&生体適合樹脂を使ったイヤーシェル、MMCXコネクタ採用のケーブル着脱式、銀メッキケーブル・イヤーピース計6セット・ハードケース・ブラシ付属、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。音の傾向はフラットで高音から低音まで満遍なく鳴る、低音は十分に出ていて濃い、高音の刺さりはまったくないがケーブル次第で感じるかも、音の分離もしっかりしている、組み合わせるDAPやケーブルの特性が現れやすい、インピーダンスが低いのでDAP・スマホの直挿しでもいける、装着感はかなり良くて遮音性も高い、イヤーシェルは地味な半透明の材質で高級感はない、BAユニットがKnowles製なのは間違いないだろうしスペックだけで判断しても破格レベル、といった内容。

比較対象として挙がっていたイヤホンはいずれも高価格帯に位置するモデルで、その中でも飛び抜けて高いCampfire Audioの「ANDROMEDA」(AA)とはほぼ同レベルだという声も。俗に言う多ドラのイヤホンではこれが終着になるとの評価もありましたし、価格抜きにして見ても相当なパフォーマンスを秘めていそうな印象。そして価格は日本のショッピングサイト経由で購入する場合でも現在33,000円台で、Knowles製のBAユニットx8基というスペックを考えると確かに破格レベル。一体どんな音を奏でるのか唆られますね。




AUDIOSENSE
売り上げランキング: 2190