ROCCATの”Titan Switch”ゲーミングメカニカルキーボード『VULCAN 80』が7,000円を切る

ROCCAT_VULCAN_80_01.jpg


2019年4月に発売されたROCCATのキーボード「VULCAN 80」。
VULCAN 120 AIMO」と同じく独自のメカニカルキースイッチTitan Switchを採用したゲーミングメカニカルキーボード。発売当初の価格は17,000円以上する高額品でしたが、10,000円以上も値を下げて7,000円を切っていました。

ROCCAT、独自メカニカルキーボードの下位モデル『VULCAN 80』
https://watchmono.com/blog-entry-9563.html





ROCCAT_VULCAN_80_02.jpg



ROCCAT_VULCAN_80_03.jpg



ROCCAT_VULCAN_80_04.jpg



ROCCAT_VULCAN_80_05.jpg



ROCCAT_VULCAN_80_06.jpg



ROCCAT_VULCAN_80_07.jpg


VULCANシリーズは120・100・80とクラス分けされており、この80は一番下位となるモデル。上位と同じキースイッチを採用していてもキーバックライトがブルー単色でAIMOライティングエンジン非対応だったり、パームレストが付属していなかったりなど相応の作りになっている印象。しかしその立ち位置その内容で17,000円台の価格は・・・・今考えると正直言ってありえないですかね。これまでの反響が今回の暴落とも言える値下がりに出ているとも思いますが、7,000円以下なら一転して見直す人も多いのではないかと。それとROCCATのゲーミングメカニカルキーボードでこの価格は今までで最安ではないでしょうか。




ROCCAT
売り上げランキング: 97