【ヘッドホン】Skullcandy 『Crusher ANC』 レビューチェック

Crusher_ANC_01.jpg


2019年10月に発売されたSkullcandyのヘッドホン「Crusher ANC」。
重低音を共に振動も作り出すセンサリーベース機能を特徴としたCrusherシリーズのBluetoothヘッドホン。”ANC”の名のとおりアクティブノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能を搭載しているモデルですが、ちょっとチェックしてみます。

Crusher ANC サブウーファー搭載ノイズキャンセリングヘッドホン - Skullcandy.jp
https://www.skullcandy.jp/shop/headphones/bluetooth-headphones/crusher-anc



画像


Crusher_ANC_02.jpg



Crusher_ANC_03.jpg



Crusher_ANC_04.jpg



Crusher_ANC_05.jpg



Crusher_ANC_06.jpg



Crusher_ANC_07.jpg



Crusher_ANC_08.jpg



Crusher_ANC_09.jpg



Crusher_ANC_10.jpg



Crusher_ANC_11.jpg



Crusher_ANC_12.jpg
(via Amazon)



各所の反応


[#1]
Skullcandy、パーソナライズ化で重低音も進化した“ヘッドフォン最高作”「Crusher ANC」
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1207858.html



[#2]
Crusherシリーズに待望のノイキャン機種が登場
こういうニッチ系は需要あるよな



[#3]
色物に見られがちだけど、vnueがNC・音質ともマトモだったから興味あるなあ。
メインではなくてサブとしてだけど。



[#4]
スカルクラッシュは世代重ねて仕上がってる
ノイキャン意外にしっかり効くというウワサ



[#5]
ロックとhiphopを聴くのでcrusher ancが気になってる
今まで古いbeats studio wirelessだったからどんな低音なのか楽しみ



[#6]
crusher anc
海外の使用レビューやXM3との比較動画とかを色々見て回ったけど
映画やゲームなどのエンタメを楽しむ層をターゲットにしているから
純粋な音楽や純粋な音質を求める層に向けられたヘッドホンじゃないことはよくわかった。



[#7]
crusher anc買ったけど音量MAXでも少し物足りない…



[#8]
crusher ancってどうですか?
ロックとかヒップホップ聴くので低音が欲しい
スライダーMAXにすると音割れとかはないですか?



[#9]
>>#8
音割れないけど振動凄い時は凄いわ



[#10]
crusher ancを低音スライダーMAXで聴いてから他のヘッドホン聴くと
物足りなくなってしまった



[#11]
crusher ancは映画鑑賞に使うぐらいなら最高だけど
普段の音楽鑑賞には絶対使わないほうがいい。



[#12]
SONY MDR-1A/B使いだけど、さっきヨドバシで色々聞いてきた
そんな中、自分にとって別次元というか異彩を放っていたのがCrusherだった
映画だけでなく音楽も聞いた感じ、特にライブとかアクティブサウンドや
バンド音楽に強みが出ると思う
なので立体音響にはもはやコレしかない!って印象だった



[#13]
CrusherANC届いた
やっぱ重低音振動はスゲーね、マジ4DX的な体感サウンドやわ
映画ファンやゲーマーならMustBuyだと思うわ
もちろん普通の音楽も悪くない

あと本当に微細な差だけどサウンドは有線の方が綺麗で安定してるな
Bluetoothヘッドホン初めてだから他のはどうかは分からないが補正が時々入る






・・・・・・・・・・・・・・・・・・
通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:aptX HD/aptX/AAC/SBC、連続再生時間:約24時間、ドライバー:40mm径、再生周波数帯域:20Hz - 20KHz、インピーダンス:32Ω、音圧レベル:105 dB、インターフェイス:USB Type-C/3.5mmステレオミニ、重量:308g、という仕様。カラーはBLACK・BLACK/TAN・MOAB/REDの3色。

特許取得済みのセンサリーベース機能、低音レベルを調整できる無段階スライダー、デジタルハイブリッド式のアクティブノイズキャンセリング機能、外音を取り込むモニターモード、アプリの聴力テストで自分の耳に最適化させるパーソナルサウンド機能、アプリで位置を追跡できるTile機能、10分充電で4時間再生できる急速充電対応、専用アプリ・Skullcandy App、などが特徴。

各所のコメントを参考にすると以上のような反応があり。センサリーベースの重低音&振動はアトラクションシアターみたいな体感でやっぱりすごい、音楽鑑賞でもジャンル次第ではいい感じに聴けるが映画鑑賞やゲームの用途に的を絞っているような音、低音レベルMAXでも音割れはしない、Bluetooth接続と有線接続では音が結構違う、これを聴いた後に他のヘッドホンを聴くと物足りなくなる、といった内容。

ANC機能に関しては特に触れられておらず他所を巡ってもソニーの「WH-1000XM3」(AA)には到底敵わないという評価だったので、そこそこ程度の性能と考えておいた方がよさそうな印象。一番のウリにしているセンサリーベース機能の迫力はいい意味でぶっ飛んでいるようですから、用途次第ではオンリーワンの存在になるかもしれませんね。「Crusher ANC」は現在36,000円台の価格で販売されています。




Skullcandy(スカルキャンディ)
売り上げランキング: 253