【スピーカー】クリエイティブ 『Creative Pebble V2』 画像など

Creative_Pebble_V2_01.jpg


2019年9月に発売されたクリエイティブのスピーカー「Creative Pebble V2」。
低価格のコンパクトなPCスピーカーとして高い人気を得ている「Creative Pebble」を強化した”V2”モデル。 出力がピークで16Wに上がった事と給電用のUSBケーブルにUSB Type-Cを採用している事が主な違いですが、ちょっと見てみます。

Creative Pebble V2 - USB-C電源タイプのパワフル サウンド コンパクト スピーカー
https://jp.creative.com/p/speakers/creative-pebble-v2





Creative_Pebble_V2_02.jpg



Creative_Pebble_V2_03.jpg



Creative_Pebble_V2_04.jpg



Creative_Pebble_V2_05.jpg



Creative_Pebble_V2_06.jpg



Creative_Pebble_V2_07.jpg



Creative_Pebble_V2_08.jpg



Creative_Pebble_V2_09.jpg



Creative_Pebble_V2_10.jpg



Creative_Pebble_V2_11.jpg



Creative_Pebble_V2_12.jpg
(via cooln)

RMS出力:8W、再生周波数特性:100Hz - 17kHz、SN比:75dB、入力:3.5mmステレオミニ、電源:USB、ケーブル長:1.2m、サイズ:116x122x115mm、重量:左300g/右340g、という仕様。2インチフルレンジドライバーユニット+パッシブラジエーター搭載、傾斜45度の上向きドライバーデザイン、ピーク出力:16Wの高ゲインモード&ゲイン切替スイッチ搭載、電源+ボリュームコントロール搭載、USBバスパワー駆動&USB Type-Cのケーブル採用、USBC-A変換アダプタ付属、などが特徴。実売価格は現在3,000円弱で販売中。

実機やスペックシートを見て把握できる初代モデルとの違いは、出力がアップ&高ゲインモードが選択可能、USBケーブルのコネクタがUSB Type-Cに、フロントパネルが光沢から梨地処理みたいなマットタイプに、筐体の寸法がほんの少し異なる、カラーはブラックのみ、など。サイズ・デザインほぼそのままにパワーアップしているのでスピーカー自体はV2の方が言うまでもなく魅力的ですが、初代より1,000円以上高いのは低価格帯ゆえに数字以上の差を感じますし、このクラスは価格重視になるでしょうから現状では二択だと初代を選ぶ人の方がまだ多いかもしれませんね。




クリエイティブ・メディア
売り上げランキング: 9