Mpow、アンテナやケースを強化したQCC3020採用の完全ワイヤレスイヤホン『Mpow M20』

Mpow_M20_01.jpg


海外で見かけたMpowのイヤホン「Mpow M20」。
Mpow T5/M5」が日本でも人気を博したMpowの新たな完全ワイヤレスイヤホン。これもQualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用やIPX7防水性能を特徴としていますが、LDSアンテナ採用とケースのバッテリー増量は強化と言える点です。

TWS Series – MPOW
https://www.xmpow.com/collections/tws-headphones





Mpow_M20_02.jpg



Mpow_M20_03.jpg



Mpow_M20_04.jpg



Mpow_M20_05.jpg
(via Head-Fi/Amazon)

通信方式:Bluetooth 5.0、コーデック:aptX対応、連続再生時間:約6時間、という仕様。Qualcomm QCC3020のBluetoothチップ採用、LDSアンテナ採用、従来より35%軽いグラフェンドライバー、IPX7の防水性能、音量調整・曲スキップもできるタッチコントロールボタン、ツインモード/モノモード両対応、最大100時間分の充電可能なバッテリーケース、イヤーピース3セット付属、などが特徴。

Mpow T5/M5と比べて強化されたと言える点は記載の有無や実機で判断すると、LDSアンテナ採用、ケースのバッテリー容量、グラフェンドライバー採用、新ロゴ採用、など。それとパッケージには”3D STEREO SOUND”なる記載もあるので、音質面も違っている可能性あり。北米での価格設定は49.99ドル。日本でもMpow T5/M5と同じくらいの価格で発売されれば人気を引き継ぐ形で売れるかもしれませんね。




Mpow
売り上げランキング: 83