【マウス】Razer 『Razer Basilisk X HyperSpeed』 画像など

Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_11.jpg


海外で発売されているRazerのマウス「Razer Basilisk X HyperSpeed」。
Razer Basilisk Ultimate」と共に登場したワイヤレスゲーミングマウス。こちらは下位となるモデルで性能・機能は色々とグレードダウンしており、2.4GHz/Bluetooth両対応や乾電池使用など仕様も色々と異なっていますが、ちょっと見てみます。

Wireless Gaming Mouse - Razer Basilisk X HyperSpeed
https://www.razer.com/gaming-mice/razer-basilisk-x-hyperspeed





Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_12.jpg



Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_13.jpg



Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_14.jpg



Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_15.jpg



Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_16.jpg



Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_17.jpg



Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_18.jpg



Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_19.jpg



Razer_Basilisk_X_HyperSpeed_20.jpg


通信方式:2.4GHz/Bluetooth、センサー:光学式、解像度:16000DPI、トラッキング速度:450IPS、最大加速度:40G、ボタン数:6、バッテリー:単三電池1本、電池寿命:最大285時間(2.4GHz)/450時間(Bluetooth)、サイズ:幅60x奥行き130x高さ42mm、重量:83g(電池なし)、という仕様。Razer 5Gアドバンストオプティカルセンサー採用、耐久性5000万回のRazerメカニカルマウススイッチ採用、Razer HyperSpeed Wirelessテクノロジー採用、2.4GHz/Bluetooth両対応(裏面に切り替えスイッチ搭載)、プログラム可能な6ボタン搭載、5つのプロファイルを保存できるオンボードメモリ内蔵、などが特徴。北米での価格は59.99ドル。

Ultimateモデルとは筐体が同じ寸法=同型で主な違いは、センサー・スイッチ・ソールがグレードダウン、ボタン数が少なくチルトホイールやDPIクラッチは無し、ホイール調整機能は無し、Bluetoothに対応しているが有線接続は非対応、バッテリーは乾電池、LED非搭載、など。それとトップカバーの表面処理も異なる模様。重量に関しては付属電池込みの場合Ultimateモデルとほぼ同じ107g前後と思われる。ミドルレンジクラスのワイヤレスゲーミングマウスとして見れば性能は十分すぎる内容で価格も割安感がありますし、使用電池を工夫すれば100g以下にする事も可能ですから、Ultimateモデルとは違った魅力があるのではないかと。

<関連記事>Razerのワイヤレスゲーミングマウス『Razer Basilisk X HyperSpeed』を買ってみた


Razer(レイザー)
売り上げランキング: