【イヤホン】Plantronics 『BackBeat PRO 5100』 画像など

BackBeat_PRO_5100_09.jpg


2019年11月発売予定となっているPlantronicsのイヤホン「BackBeat PRO 5100」。
BackBeat FIT 3100」に続いて第二作目となる完全ワイヤレスイヤホンで、今作は4つのノイズキャンセルマイクと独自のWindSmartテクノロジー搭載による高い通話品質を主な特徴としている一般向けのモデル。ちょっと見てみます。

BackBeat PRO 5100, True Wireless Earbuds | Plantronics, now Poly
https://www.plantronics.com/jp/ja/product/backbeat-pro-5100





BackBeat_PRO_5100_10.jpg



BackBeat_PRO_5100_11.jpg



BackBeat_PRO_5100_12.jpg



BackBeat_PRO_5100_13.jpg



BackBeat_PRO_5100_14.jpg



BackBeat_PRO_5100_15.jpg



BackBeat_PRO_5100_16.jpg



BackBeat_PRO_5100_17.jpg



BackBeat_PRO_5100_18.jpg



BackBeat_PRO_5100_19.jpg
(via PCPOP/qq.com)

通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP、コーデック:SBC、連続再生時間:約6.5時間、充電時間:約2時間、ドライバー:5.8mm径ダイナミック型、再生周波数帯域:20 - 20,000Hz、感度:94dB、重量::5.8g、という仕様。周囲の雑音を排除して声だけを拾う4つのノイズキャンセルマイク、風切り音を低減するWindSmartテクノロジー、深みのある豊かなサウンドを実現する5.8mmドライバー、周囲の雑音を遮断するイヤーチップ設計、一通りの操作が行えるオンイヤーコントロール、着脱で再生/一時停止を自動的に行うスマートセンサー、IPX4の防水性能、最大13時間の充電可能&急速充電対応のバッテリーケース、設定をカスタマイズできるBackBeatアプリ、などが特徴。

海外ではQualcomm QCC5121のBluetoothチップ採用と記載があり、以前取り上げた時はそのチップの仕様から考えてノイズキャンセリング機能を搭載していると思い込んでいましたが、どうやらこのモデルのノイズキャンセリング云々は通話時の模様。要は音楽再生時に騒音をカットするNC機能は非搭載。QCC5121を採用しておきながらNC機能がないうえにコーデックがSBCだけというのは宝の持ち腐れ感が半端ないですし、完全ワイヤレスイヤホンの中では高額の部類なのにケースのインターフェイスがMicroUSBというのもマイナス要素。通話用途では需要があるかもしれないとはいえ、これは正直言って存在価値を疑う人が多いのではないでしょうか・・・・。「BackBeat PRO 5100」は現在25,000円台の価格で予約受付中です。




PLANTRONICS BACKBEAT-PRO-5100
posted on 2019.11.19
フルワイヤレスイヤホン
楽天ビック