【キーボード】SteelSeries 『Apex 7 TKL』 画像など

Apex_7_TKL_08.jpg


2019年11月に発売されるSteelSeriesのキーボード「Apex 7 TKL」。
Apex Pro」の下位にあたるゲーミングメカニカルキーボードのテンキーレスモデル。こちらはOmniPointではなくSteelSeries QX2のキースイッチを採用しており、それ以外は上位と共通と言えそうなものですが、ちょっと見てみます。

Apex 7 TKL | SteelSeries
https://jp.steelseries.com/gaming-keyboards/apex-7-tkl





Apex_7_TKL_09.jpg



Apex_7_TKL_10.jpg



Apex_7_TKL_11.jpg



Apex_7_TKL_12.jpg



Apex_7_TKL_13.jpg



Apex_7_TKL_14.jpg



Apex_7_TKL_16.jpg



Apex_7_TKL_17.jpg



Apex_7_TKL_18.jpg



Apex_7_TKL_19.jpg



Apex_7_TKL_20.jpg



Apex_7_TKL_21.jpg
(via zol.com)

キースイッチ:SteelSeries QX2、キーレイアウト:英語配列/日本語配列、サイズ:幅355.4x奥行き139.2x高さ40.4mm、重量:約771g、という仕様。SteelSeries QX2メカニカルキースイッチ採用(青軸/赤軸)、カスタマイズ可能なRGBキーバックライト搭載、様々な表示ができる有機ELスマートディスプレイ、メタルローラーのマルチメディアコントロール、USBパススルーポート、航空機グレードのアルミ合金フレーム、3方向にケーブルを通せるケーブルマネジメント構造、マグネット着脱式のパームレスト、統合ソフトウェア・SteelSeries Engine、などが特徴。

前述のとおりApex Proとの違いはキースイッチのみでデザインや機能は共通。そのキースイッチがスタンダードなCherry MX系と言えるQX2でも構わないのであれば、価格が相応に抑えられているこちらを選ぶのも悪くないかと。あと、Apex Proの方はテンキーレスモデルが日本未発売で出す気配もまだありませんから、テンキーレス派の人は結局のところ選択の余地なし。価格は現在22,000円前後で予約受付中。デザインは洗練されていて有機ELスマートディスプレイをはじめとした機能も個性を感じますが、上位でもないのに20,000円超は海外の価格設定と他社が出している競合機の相場から考えると強気すぎる感が否めないでしょうか。




SteelSeries
売り上げランキング: