Philips、34インチ/VA/UWQHD/100Hzのウルトラワイド液晶モニター『345B1CR』

345B1CR_01.jpg


海外で見かけたPhilipsの34インチ液晶モニター「345B1CR」。
499P9H1/11」「439P9H1」といったスーパーウルトラワイド液晶モニターを今年に入って出しているPhilipsですが、これは何気に久々となるウルトラワイド液晶モニターの新型モデル。VAパネル採用&解像度:3440x1440でリフレッシュレート100Hz駆動を主な特徴としています。

モニター | Philips
https://www.philips.co.jp/c-m-so/monitors/





345B1CR_02.jpg



345B1CR_03.jpg



345B1CR_04.jpg



345B1CR_05.jpg



345B1CR_06.jpg



345B1CR_07.jpg



345B1CR_08.jpg



345B1CR_09.jpg



345B1CR_10.jpg



345B1CR_11.jpg



345B1CR_12.jpg


画面サイズ:34インチ、パネル:VA、解像度:3440x1440、応答速度:5ms(GTG)、コントラスト比:3000:1、輝度:300 cd/m2、視野角:178/178、入力端子:HDMI x2/DisplayPort、主な仕様は以上。曲率1500R&フレームレスデザインのウルトラワイドスクリーン、リフレッシュレート100Hz駆動、ディスプレイ同期技術・Adaptive-Sync(FreeSync)対応、HDRサポート、フリッカーフリーテクノロジー・ローブルーモード搭載、分割表示ができるMultiView機能(PBP/PIP)、離席時に消費電力を抑える人感センサー・PowerSensor、照明の明るさによって輝度を調整するLightSensor、Smart ErgoBaseスタンド搭載、などが特徴。

日本では「241B7QUPBEB/11」(AA)などが出ているB Lineシリーズ=ビジネス向けのモデルで、価格は製品が既に出回っている中国だと2,499人民元(約39,000円)。ビジネス向けゆえにリフレッシュレートが中途半端な数値だったりあと一歩に思う部分もありますが、34インチ/VAパネル/UWQHDのウルトラワイド液晶モニターとしては格安と言えるレベル。この内容なら多少上乗せしても割安感がありますし、国内リリースも期待したいところでしょうか。




Philips(フィリップス)
売り上げランキング: 784