【マウスパッド】Razer 『Razer Firefly V2』 画像など

Razer_Firefly_V2_01.jpg


海外で発売されているRazerのマウスパッド「Razer Firefly V2」。
2015年に発売されたRGB LED搭載ゲーミングマウスパッドのパイオニア的な存在である「Razer Firefly」、それ以来の新製品で後継機となるハードタイプの第2世代モデル。初代に比べてより洗練されているようですが、ちょっと見てみます。

RGB マウスパッド - Razer Firefly V2
https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-mouse-mats/razer-firefly-v2





Razer_Firefly_V2_02.jpg



Razer_Firefly_V2_03.jpg



Razer_Firefly_V2_04.jpg



Razer_Firefly_V2_05.jpg



Razer_Firefly_V2_06.jpg



Razer_Firefly_V2_07.jpg



Razer_Firefly_V2_08.jpg



Razer_Firefly_V2_09.jpg



Razer_Firefly_V2_10.jpg
(via baidu)

適度な摩擦でスピード・コントロールを両立するマイクロテクスチャ仕上げのサーフィス、厚さ3mmで滑り止め用のラバーベースも採用した薄型設計、Razer Chroma対応&19ゾーンに分けてカスタマイズできるRGB LED搭載、左上に備わるケーブルクリップ搭載のボックスユニット、統合ソフトウェア・Razer Synapse対応、ケーブル長:2.1m、サイズ:幅355x奥行き255x厚さ3mm、重量:410g、主な仕様・特徴は以上。北米公式サイトでの価格は49.99ドル。

レポートによれば表面の滑りは非常に滑らかで最近のゲーミングマウスであればセンサーとの相性も問題なし、安定性やメンテナンス性などハードタイプの利点が活かされている、各部の作りもLEDの発光具合も洗練されている、とのこと。先代に比べて1mm薄くなったのと光沢パーツが使われていない事もあってかスマートに見えますし、ユニットは改良された感がありますし、LEDはムラなく鮮やかに光っている印象。先代を使っている人は買い替える価値が十分にあるのではないかと。




Razer(レイザー)
売り上げランキング: 445