HIFIMAN、リニューアルで安くもなった完全ワイヤレスイヤホン『TWS600A』

HIFIMAN_WS600A_01.jpg


海外で見かけたHIFIMANのイヤホン「TWS600A」。
日本でも発売された完全ワイヤレスイヤホンのリニューアル版となるモデル。イヤホンの基本スペックは変わっていませんが筐体はブラック×シルバーに変わり、ケースはグレードダウンする形で刷新されて価格設定は安くなっています。

【イヤホン】HIFIMAN 『TWS600』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-10039.html





HIFIMAN_WS600A_02.jpg



HIFIMAN_WS600A_03.jpg



HIFIMAN_WS600A_04.jpg



HIFIMAN_WS600A_05.jpg



HIFIMAN_WS600A_06.jpg



HIFIMAN_WS600A_07.jpg


通信方式:Bluetooth 5.0、プロファイル:A2DP/AVRCP/HFP/HSP、コーデック:AAC/SBC、連続再生時間:約5.5時間、スタンバイ時間:約110時間、充電時間:約1時間、重量:5.9g、という仕様はTWS600と変わっておらず。イヤホンの筐体は前述のとおりカラーリングが変わっており、もしかしたら材質も変わっている可能性あり。バッテリーケースは楕円型からボックス型に刷新され、バッテリー容量は大幅ダウンの形に(33時間分→13.5時間分)。価格に関しては情報が出ている地域を参考にするとTWS600より3割弱ほど安い設定。

レポートによればTWS600とは異なるチューニングがされているのか音質が結構変わっており、こちらは高音がそれほどシャープでもない温かみのあるサウンドになっているとのこと。TWS600は使いはじめの音が酷いという評価も見られましたし、メカメカしいデザインも好みがはっきり分かれそうな外観だったので、これはそのあたりを見直して手を加えてきた感じでしょうか。その変更が必ずしも改良になっているとは限りませんが、新旧でどちらが良いか選択する場合こちらを選ぶ人は多いかもしれませんね。




HIFIMAN
売り上げランキング: 2235