AOC、49インチ/5120x1440/120Hzのスーパーウルトラワイドゲーミングモニター『AG493UCX』

AG493UCX_01.jpg


海外で発表があったAOCの49インチ液晶モニター「AG493UCX」。
VAパネル採用・解像度:5120x1440でリフレッシュレート120Hz駆動になっているハイスペックのスーパーウルトラワイドゲーミングモニター。AOC自身初となるスーパーウルトラワイドモデルはゲーミングブランドのAGONから登場です。

AOC AG493UCX
http://www.aocmonitor.com.cn/product/xianshiqi/1804





AG493UCX_02.jpg



AG493UCX_03.jpg



AG493UCX_04.jpg



AG493UCX_05.jpg
(via zol.com)

画面サイズ:49インチ、パネル:VA、解像度:5120x1440、輝度:550 cd/m2、コントラスト比:3000:1、応答速度:1ms(MPRT)、視野角:178/178、入力端子:HDMI x2/DisplayPort x2/USB Type-C、主な仕様は以上。フレームレスデザイン&1800Rの曲面スクリーン、リフレッシュレート120Hz駆動、ディスプレイ同期技術・FreeSync対応、VESA DisplayHDR 400認証、モーションブラー低減・AIMポイント表示・視認性向上などのゲーム向け機能、分割表示が可能なPBPモード、フリッカーフリー技術・ブルーライト低減モード、チルト・スイーベル・昇降が可能なエルゴノミックスタンド、専用リモコン付属、などが特徴。

49インチ/5120x1440/120Hzのスーパーウルトラワイド液晶モニターはこれまでサムスンの「C49RG90」(AA)しか存在していなかったので貴重な第二号。そのサムスンと比べてDisplayHDRやディスプレイ同期技術など劣る点はいくつかありますが、ASUSの「ROG Strix XG49VQ」(AA)やAcerの「EI491CRPbmiiipx」(AA)を比較対象とするなら解像度の面で優位。価格に関しては既に取り扱っている地域を参考にするとAcerよりほんの少し高くASUSよりかは安い設定。なので仮に日本発売を想定すると変に割り増しがなければ150,000円前後でしょうか。発売されない可能性の方が高いかもしれませんが・・・・。