27インチ/NanoIPSゲーミングモニターの外観比較(27GL850-B・VG272U Pbmiipx・Legion Y27q-20)

NanoIPS_GamingMonitor_01.jpg


27インチでNanoIPSテクノロジー採用のIPSパネルが使われているゲーミングモニターは、LGの「27GL850-B」、Acerの「VG272U Pbmiipx」、Lenovoの「Legion Y27q-20」、ViewSonicの「XG270QG」、以上の4モデルが出ている状況。日本で発売されているのはまだLGの1モデルだけですが、ViewSonicを除く3モデルの外観比較があったのでちょっと見てみます。

【モニター】LG 『27GL850-B』 レビューチェック
https://watchmono.com/blog-entry-10096.html





NanoIPS_GamingMonitor_02.jpg



NanoIPS_GamingMonitor_03.jpg



NanoIPS_GamingMonitor_04.jpg



NanoIPS_GamingMonitor_05.jpg



NanoIPS_GamingMonitor_06.jpg



NanoIPS_GamingMonitor_07.jpg



NanoIPS_GamingMonitor_08.jpg
(via baidu)

3モデルそれぞれ並べた光景を見て違いがわかった点は、3モデルともフレームレスデザインだが画面下枠はLGが一番細い、操作ボタンの配置はそれぞれ異なる、スタンドは高性能のタイプではないAcerが一番貧弱、インターフェイスはLGだけ下向きではなく横向きの配置、LenovoはG-SYNCのラベルが貼られていない=G-SYNC Compatible非認定、といったところ。また、試用レポートによれば同じNanoIPSでも初期状態の映りは違っていてLGとLenovoとでは後者の方がやや暗い、その他諸々を考慮してメインに使おうと思うのは無難な作りになっているLGとのこと。

前述のとおり現在日本で発売されているのはこの中だとLGのみ、今後発売される可能性が高いのはおそらくAcer。Lenovoは逆に未発売の可能性が高いと思いますし、仮に発売されても直販のみで高額となるはず。LGとAcerを比較する場合、既に出回っている地域を参考にするとAcerの方が1.5割ほど安い模様。ただ、競合機の中で一番チープな筐体になっているのは上記の比較を見ても一目瞭然で、LGに優る点は安さくらいしかないのではないかと。今回記事にして思った事は27インチ/NanoIPSのゲーミングモニターを検討しているなら下手に待たずLGを買うのが最適解でしょうか。