【キーボード】Razer 『Razer Huntsman Tournament Edition』 画像など

Razer_Huntsman_Tournament_Edition_09.jpg


2019年10月に発売されるRazerのキーボード「Razer Huntsman Tournament Edition」。
高速反応かつ高耐久性を謳うリニアタイプの光学式スイッチ・Razer Linear Optical Switchesを採用したテンキーレスのゲーミングメカニカルキーボード。”Tournament Edition”と称しているとおり競技向けのモデルですが、ちょっと見てみます。

Razer Huntsman Tournament Edition - Linear Optical Switch Keyboard
https://www2.razer.com/jp-jp/gaming-keyboards-keypads/razer-huntsman-tournament-edition





Razer_Huntsman_Tournament_Edition_10.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_11.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_12.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_13.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_14.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_15.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_16.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_17.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_18.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_19.jpg



Razer_Huntsman_Tournament_Edition_20.jpg
(via weistang)

キースイッチ:Razer Linear Optical Switches、押下圧:40g、キー耐久性:1億回、アクチュエーションポイント:1.0mm、キーレイアウト:87キー英語配列、キーキャップ:PBT/二色成形、サイズ:幅362x奥行き140x高さ36㎜、重量:741g、という仕様。コンパクトで標準的な配列のテンキーレスデザイン、リニアタイプの光学式スイッチ・Razer Linear Optical Switches採用、Razer Chroma対応のRGBキーバックライト搭載、高耐久性のダブルショットPBTキーキャップ採用、USB Type-C採用のケーブル着脱式、オンボードメモリ内蔵、Nキーロールオーバー&アンチゴースト機能、などが特徴。

レポートによればキースイッチは軽快かつ滑らかな打鍵感で反応も高速、気になる点は打鍵音が意外に大きい事くらい、キーキャップやインターフェイスなどあらゆる部分が実用性重視で作られている、ゲーマーにターゲットを絞った出来栄え、とのこと。海外と同様に英語配列版の情報しか出ていないので日本語配列版が後から出るのかは不明ですが、Razerがこれまでに出した”Tournament Edition”の中でもその名称が一番しっくりくるくらい実用性に特化している印象。テンキーレスのゲーミングメカニカルキーボードとして最高傑作になる可能性も秘めているのではないかと。




Razer
売り上げランキング: